ブラックでもOKです!審査不要で持てるクレジットカードは存在するか?

審査不要で持てるカード

クレジットカードは、申込み後必ず「与信審査」が行われます。クレジットカードは分かりやすく言うと「つけ払い(後払い)」なので、一括払いでも実質的な借金に近い形の支払方法です。

よって、発行前に厳選な審査が行われ、その結果その人の与信(信用の度合い)に応じて、「カードを発行できるかどうか?」と「カードの利用限度額」が決まります。

しかし、これまでにカードの支払いが送れたり、借入が多いなどの理由から、いわゆる「ブラック扱い」されてしまい、クレジットカードの審査に通らない人もいると思います。

そんな時に審査不要で持てるのが、「デビットカード」です。
デビットカードは審査不要で持てるので、ブラックの人でもOKです。

なぜデビットカードには審査がないの?

デビットカードには審査がありません。
厳密に言うと、「銀行口座開設ができるかどうか?」の審査はありますが、借金が多いとか、ブラックだからといった理由で銀行口座開設の審査に落ちた話は聞いたことがありません。つまり、誰でも口座開設の審査は通過できます。

なぜデビットカードに審査がないのかというと、銀行口座の残高の範囲でしかカードが使えない仕組みだからです。銀行口座に100円しか入っていなければ限度額は100円、口座に20万円入っていれば、限度額は20万円です。

デビットカードは、カードを使うと使った分のお金が「即座」に口座から引き落とされます。つまり、クレジットカードのように「つけ払い(後払い)」ではないので、与信などは必要ありません。

よって、カード発行の審査をすることなく、銀行口座さえ持っていれば誰でもデビットカードが持てます。そもそもデビットカードは16歳以上から持てるカードなので、「未成年にクレジットカードを持たせたい場合」の代替案としても活用されています。(クレジットカードは18歳以上でないと持てない)

VISAのマークのお店なら使える

デビットカードの使用方法はクレジットカードと全く同じです。
日本のデビットカードでは、「J-Debit」と「VISAデビット」の2種類が主に出回っていますが、ほとんどのカードが「VISAデビット」です。

これは、クレジットカードブランドの「VISA」が発行しているデビットカードで、VISAのマークがあるお店ならどこでも使えます。例えば、、、

などです。
クレジットカードのVISAカードを持っているのとおなじ感覚で使えるのが、デビットカードのメリットです。レジで支払いをする時も、「デビットカードで支払います」という必要はなく、「VISAで支払います」と言えばOKです。(レジの店員さんからすると、クレジットカード支払いと同じ扱いで処理されます)

ネットショッピングでデビットカードを使う時の支払い方法は?」に書きましたが、ネットショッピングでも同様に、クレジットカード支払いと同じ方法で決済すればOKです。

以前は携帯電話の支払いや公共料金の支払いと言った、定期的な支払いには使えないデメリットがありましたが、最近ではその問題も解消されてきています。

参照:携帯や公共料金も!毎月定額料金でもデビットカードが使えるようになってる

特にデメリットは感じない

私も最近はクレジットカードとデビットカードを気分によって使い分けていますが、特にデメリットは感じません。また、デビットカードとクレジットカード、どちらを使っているのかレジの店員さんからはわからないので、恥ずかしさなども感じません。(個人的にはデビットカードはむしろカッコいいと思っているのですが・・・)

唯一、デメリットとして感じられるのは、クレジットカードよりもポイント還元率が低いことです。しかし、デビットカードの中にはわずかながらもポイントが貯まるものがあるので、この点も大きな問題とは思いません。(デビットカードは主にキャッシュバックで還元されることが多い)

デビットカードとクレジットカードの違いについては、下記の記事も参考になると思います。

イオンカードセレクト