デビットカードのQ&A

デビットカードは危険?不正利用、紛失などの補償とリスクヘッジ

デビットカード

デビットカードは15~16歳から持つことができ、ほとんどの銀行で審査不要発行できることから、利用者が増えてきています。

しかし、紛失盗難に遭って不正利用されてしまうリスクや、子供に持たせる場合は使いすぎが心配な人もいるかと思います。

しかし、デビットカードはさまざまな補償が付いており、安心して使えるカードのひとつです。

デビットカードが子供にも安心な理由

財布を持つ男女

海外ではメジャーなデビットカードを子どもに持たせることが、日本でも増えてきています。

デビットカードを子供に持たせる理由は、15~16歳から発行できるということももちろんありますが、クレジットカードにありがちな使いすぎの心配がないからです。

クレジットカードは、当月に利用した代金を翌月に支払う「後払い」ですが、デビットカードで支払いをすると銀行口座から即時引き落としになります。

つまり、預金口座にあるだけのお金しか使えないので、お財布と同じような感覚で使えるカードです。

クレジットカードとデビットカードの違い

※デビットカードとクレジットカードの詳しい違いはこちら

さらに、デビットカードは紛失や盗難などで不正利用をされた際の補償サービスも付いています。

そういう意味では、現金を持ち歩くより安全性が高いとも言えます。

不正利用の補償内容はカードごとに違う

電話する女性

デビットカードの紛失や盗難、不正利用に気付いたら、まずは至急カスタマーセンターに連絡をしてデビットカードを止めてもらいます。

不正利用の被害に遭った場合は、銀行に連絡した上で警察署に届け出ることで補償を受けることができます。

補償してもらえる限度額などは、デビットカードによって異なります。

まずは、メガバンクから見てみます。

■メガバンク 不正利用の補償比較

補償内容 限度額 補償期間
三菱UFJ銀行(JCB) 1事故あたり500万円 受理60日前~
三菱UFJ銀行(Visa) 1事故あたり100万円 受理60日前~
三井住友銀行(Visa) 1事故あたり100万円 受理60日前~
みずほ銀行(JCB) 非公開 受理60日前~
りそな銀行(Visa) 年間150万円 受理30日前~(偽造の場合は60日前~)

一般的な補償額は100万円で、三菱UFJ銀行のJCBデビットは500万円まで補てん可能です。

補償期間は、銀行に不正利用の連絡をして受理してもらってから約1~2ヶ月前からが相場なので、不正利用に早めに気付くことが重要です。

また、ネット銀行のデビットカードも、補償内容はメガバンクと大きな差はありません。

■ネット銀行 不正利用の補償比較

補償内容 限度額 補償期間
楽天銀行(Visa・JCB) 1口座あたり年間100万円 受理30日前~60日後
セブン銀行(JCB) 1事故あたり500万円 受理60日前~
イオン銀行(JCB・Visa) 全額補てん 受理61日前~
住信SBIネット銀行(Visa) 年間100万円 受理30日前~
ソニー銀行(Visa) 1日の利用限度額内 受理30日前~(偽造の場合は60日前~)
ジャパンネット銀行(Visa) 1口座につき年間500万円 受理30日前~

中でも、イオン銀行の補償範囲はメガバンク以上に広いです。

イオン銀行のデビットカードは、デビットカードの中では珍しく不正利用の全額補償が可能です。

さらに、イオン銀行のデビットカードには独自の補償サービスがあるので、安心感で選びたい人におすすめです。

しかし、イオンデビットカードは18歳からしか申し込むことができず、クレジットカードのように審査があります。

その理由の一つに、下記の補償サービスが付帯しているからです。

■イオンデビットカード 独自の保証サービス

  • デビットカードで購入した商品が破損しても年間50万円まで補償
  • 残高不足の場合は10万円まで立て替え

特に2点目の「10万円までの立て替え(バックアップサービス)」は、クレジットカード要素が強いサポートです。

この立替にはクレジットカードと同じく与信審査が必要になるので、イオンデビットカードはクレジットカードと同じ年齢条件・審査が必要になります。

15~17歳の子どもにデビットカードを持たせたい場合は、イオン銀行以外で検討をする必要があります。

基本的には満15歳から申し込めますが、上記の中では楽天銀行セブン銀行は16歳からの申込になります。

不正利用の補償には条件がある

チェックリスト

デビットカードの不正利用補償には、保証してもらえない条件もあります。

補償が受けられなくなる条件は銀行によって若干異なりますが、ほぼ共通しているのは下記2点です。

■不正利用の保証が受けられなくなる可能性が高い条件

  • 持ち主本人に過失があると判断された場合
  • 盗難に遭ってから1ヶ月以上経過している場合

持ち主の過失とは、たとえば友達にデビットカードを貸したり、暗証番号を教えたりという管理不足です。

デビットカードは現金と同じ感覚で使えるものの、クレジットカードと同じくらいの管理意識で持つ方が望ましいです。

また、紛失や盗難から時間が経っていた場合も、補償対象外になるケースがあります。

そういう意味でも、紛失や盗難が判明したらすぐに銀行へ連絡をするべきです。

海外で紛失したら緊急カードが発行できる場合も

海外旅行

海外でデビットカードを紛失した場合、緊急カードを発行できる銀行もあります。

海外で現金をなるべく持ち歩かずデビットカードで支払うようにしている人にとっては、安心のサービスです。

ただし、緊急カードの発行には1~3万円ほどの手数料がかかるので注意が必要です(ゴールドカードの場合は無料など、一部優待もあり)。

緊急カードを取り扱っているのは主にメガバンク中心で、ネット銀行で取り扱っているケースは少ないです。

補償重視ならクレジットカードがおすすめ

クレジットカード

もし18歳以上の方で、補償の手厚さ重視でカードを選びたい場合は、クレジットカードもおすすめです。

デビットカードは補償額に上限があるケースが大半ですが、クレジットカードは全額補償が基本です。

引き落としタイミングは異なるものの、普段の使い勝手はクレジットカードもデビットカードもほぼ同じです。

デビットカードの不正利用を防ぐ方法

セキュリティ

ここまで紹介したデビットカードの補償サービス以外にも、ご自身の使い方で不正利用などのトラブルを防ぐこともできます。

デビットカードのトラブルを防ぐためのポイントは、下記3点です。

■デビットカードのトラブル防止策

  • 限度額を低めに設定する
  • デビットカード口座の残高は少なめにしておく
  • 利用明細を毎月確認する

限度額を低めに設定する

電卓

デビットカードは、利用限度額を設定することができます。

最も一般的なのは1日の限度額設定で、デビットカードによってはショッピング1回ごと、1ヶ月ごとなどの設定も可能です。

初期設定では1日30~50万円前後になっていることが多いので、この利用限度額を少なめにしておくと、不正利用の被害を減らすことができます。

ちなみに、利用限度額の平均最低額は1日10万円です。

日常の食事やちょっとした買い物に使う分には、1日10万円内でも問題ないかと思います。

デビットカード口座の残高は少なめにしておく

開いた通帳

デビットカードは預金口座の残高を即時引き落としすることで支払うので、残高が少ないと利用できません。

なので、不正利用を防ぐために残高を少なめにしておくのも効果的です。

貯金用の口座とデビットカードの引き落とし口座が同じ人は、念のため分けておくと安心です(→貯蓄向け:定期預金のおすすめ銀行ランキングはこちら)。

子供に持たせるのであれば、毎月のお小遣い分だけ口座に預入するようにしておけば、それ以上の金額は支払えません。

利用明細を毎月確認する

女性

前述の通り、デビットカードの不正利用に遭った際はなるべく早く銀行に相談しないと、補償が受けられない場合があります。

なるべく早く異変に気づくためには、利用明細を毎月ちゃんと確認することが大切です。

利用明細を確認する癖をつけておけば、「あれ?今月こんなに使ったっけ?」「こんなもの買った覚えない…」と気付きやすくなります。

デビットカードの補償期間は、平均すると問い合わせの受理から30~60日です。

つまり、不正利用を1ヶ月以内に気付いてすぐに問い合わせをすれば、補償対象になる可能性が上がります。

デビットカード関連リンク

ネット銀行住宅ローンの口コミ投稿でAmazonギフト券プレゼント

この記事と関連するページ

ページの先頭へ戻る