カードローン一覧

スターカードローン

東京スター銀行

東京スター銀行が発行している「スターカードローン」は、銀行カードローンならではの低金利が魅力で、利用者数を急激に伸ばしている人気のカードローンとなっています。

借り入れ利率は年1.8%~14.6%です。仮に最高利率の14.6%で10万円を1週間借りた場合、利息は280円となります。

利用限度額は最大1,000万円で、職業問わず、パート・アルバイト、そして派遣社員の方でも、スターカードローンを活用することが可能です。

この記事では、東京スター銀行の「スターカードローン」のメリット・デメリットを詳しく解説します。

低い借入利率で最大1,000万円の融資

金利

スターカードローンの借り入れ利率は、他社と比較しても優秀です。金利は年1.8%~14.6%です。

利用限度額は10万円~1,000万円となっています。

お金の使い道は自由ですので、自己投資や入院費用などの急な出費、前給(給料の前借り)目的などにも使えます。

もちろん、生活費の一時的な補てんや、旅行費用・資格の取得費用にも活用できます。(ただし、事業資金には使えません)

カードローンなので、限度額の範囲内で何度でも自由時に借入・返済が可能です。

借入利率・利用限度額はスターカードローンの審査によって決まります。

もし、利用限度額300万円で契約した場合でも、300万円を借りる必要はありません。実際は必要な時に必要な金額だけを借りれるのが、カードローンのメリットです。

利息はどれくらいかかる?

計算

カードローンを利用している人の多くが、借入残高10万円程度だと言われています。

そして、利用限度額が50万円以下の場合、大抵のカードローンは最高金利が適用されることになります。

もし、スターカードローンの最高利率である年14.6%で借りた場合、利息がどれくらいかかるのか、計算してみました。

年14.6%で借りた場合の支払利息
2万円を10日で返済
利息は80円です。
10万円を2ヶ月で返済
利息は1,828円です。
40万円を6ヶ月で返済
利息は17,201円です。
60万円を1年で返済
利息は48,495円です。

借入金額が大きくなるほど利息が増えるのは当たり前ですが、カードローンで重要なのは借入期間です。

借入金額が多くても、期間が短ければ利息負担は小さくて済みます。一方で、借入が長期化すると想像を超える利息が発生することもありますので、注意が必要です。

個人的には、借入期間が6ヶ月を超える場合は、返済計画をしっかりと作り、どれくらいの利息がかかるのかを計算してみることをおすすめします。

保証会社により担保・連帯保証人は不要

安心

東京スター銀行「スターカードローン」を利用するためには、保証会社との契約が必要です。

保証会社とは、私たちが借りたお金を返せなくなった時に、返済しなければならないお金を一時的に立て替えてくれる会社です。

わかりやすくいうと、担保や連帯保証人の代わりを務めてくれるのが、保証会社の役割です。

ただし、立て替えてくれた返済金は、後日、保証会社にきちんと返さなくてはなりません。

スターカードローンでは、保証会社が間に入ることで、連帯保証人・担保なしで契約可能です。

保証会社を利用する場合、通常は「保証料」がかかります。しかし、スターカードローンでは「金利に保証料が含まれている」ため、保証料は無料となります。

保証会社は「新生フィナンシャル株式会社」が務めます。新生銀行グループの業界大手の保証会社なので、安心です。

パート・アルバイトの方でも契約可能

契約社員

スターカードローンは、契約社員や派遣社員、パート・アルバイトなどの職業に限らず、以下の条件を満たしていれば申し込めます。

また、借りたお金を事業資金に使うことはできませんが、自営業の方でも申込み可能です。

年収が低いことは問題ではなく、年収に応じた借入だと東京スター銀行が判断すれば、審査に落ちることはありません。

申込条件
  • 満20歳以上、65歳未満(申込時)
  • 安定した収入がある(年金受給者でもOKです)
  • 保証会社の保証が受けられる方

銀行によっては、年金受給者(年金による収入)は審査しないという対応を取っているところもあります。

しかし、東京スター銀行の「スターカードローン」では、年金収入も「安定した収入」と考えているため、年金受給者でも審査してもらえます。

学生や専業主婦は、本人に収入がなければ借りることができません。

しかし、自身でアルバイト・パートなどの職業に就くことができれば、学生・専業主婦であっても「安定収入がある」と考えられるので、申込み可能です。

申込書類はスマホのカメラで

スターカードローンはWEB完結で申込できます。

来店不要で手続きできるので、近くに東京スター銀行の店舗がない方でも、PC・スマホから24時間受付可能です。

もちろん、借入・返済もコンビニATMから行えますので、お住まいの地域に関係なく、スターカードローンは利用できます。

本人確認書類などの提出書類もすべて、PCや携帯からアップロード可能です。

メールで審査回答がもらえます。

審査に通過したら、本人限定受取郵便でローンカードが郵送されます。

ローンカードが手元に届いたら、ATMなどで借入・返済ができるようになります。

スターカードローンでのお金の借り方・返し方

スマホで貯金

スターカードローンの審査・契約が終わったら、借入・返済を行います。

提携ATMが使える他、銀行振込による「振込融資」にも対応しています。

借入方法

電車でスマホを操作するサラリーマン

スターカードローンでお金を借りる方法は、ATMからの現金キャッシングと、銀行口座による振込融資の2つです。

ATM(現金キャッシング)
提携ATMから、ローンカードを使って直接現金をキャッシングする方法です。
振込融資
指定した銀行口座にお金を振込んでもらう方法です。東京スター銀行以外の口座にも対応します。

スターカードローンの借入には「提携ATM」が使えます。

セブン銀行ATMやゆうちょ銀行ATMが利用できるので、近くに東京スター銀行の店舗がなくても安心です。

提携ATMには、各種コンビニATMやゆうちょ銀行の他、全国の銀行ATMが使えます。

コンビニATMなら原則として24時間いつでも利用できるので、飲み会の二次会などで、深夜に現金が必要な時でも安心してカードローンが使えます。

借入・返済ともに、所定のATM手数料がかかります。

返済方法

借り入れ方法

借りたお金を返済するときも、提携ATMまたはインターネットバンキングからの手続きとなります。

東京スター銀行「スターカードローン」の返済日は毎月4日です。(4日が休日の場合は、翌営業日が返済日となります)

カードローンタイプ

東京スター銀行の口座をお持ちの方はこちらのタイプです。

毎月4日の返済日に、東京スター銀行の口座から自動引落が実行されます。

増額返済(任意返済)として、提携ATMやインターネットバンキングからの返済も可能です。

口座なしタイプ

東京スター銀行の口座を作らずにローンを利用する場合はこちらです。

約定返済は、普段お使いの銀行口座からの引き落としとなります。(返済日は毎月4日)

その他、提携ATMまたは東京スター銀行の指定口座への振込によって、増額返済(任意返済)が行えます。

約定返済とは、返済日に必ず支払わなければならない「最低返済額」のことです。

最低返済額を超える返済をしたい場合は、必然的に「増額返済(任意返済)」を利用することになります。

スターカードローンの返済方法は「残高スライドリボルビング方式」となります。毎月のローン残高に応じて、その月の最低返済額が決まる方式です。

つまり、借入れ残高が少ないほど月々の支払いも少なくなり、借入れ額が多くなるに従って、最低返済額も増加します。

例えば、スターカードローンの場合は

・ローン残高30万円以下:毎月5,000円
・ローン残高150万円以下:毎月25,000円

が最低返済額となります。

30万円以下の借入れなら、月々の返済が5,000円で済むので、家計への負担を小さくしながら返済が進められます。

しかし、毎月の返済日に行われる約定返済では、最低返済額のみが引落されます。最低返済額だけを返していても、なかなか借入金の返済が終わりません。

カードローンでの利息負担を小さくするためにも、資金に余裕ができたら積極的な増額返済をおすすめします。

カードローンの利息は日割りで発生します。こまめに借りて、こまめに増額返済を進めるだけでも、利息は大きく減らすことができます。

次の記事は「圧倒的な低金利!住信SBIネット銀行カードローンが凄いそのワケは?」です。

カードローンに関するその他の記事

ネット銀行住宅ローンの口コミ投稿でAmazonギフト券プレゼント

この記事と関連するページ

ページの先頭へ戻る