新生銀行スマートカードローン プラス

新生銀行

新生銀行から即日振込のカードローンが登場しました。

新生銀行といえば、初回30日無利息のカードローン「レイク」が有名です。

しかし、今回新しく新生銀行の総合口座「パワーフレックス」の利用者を主な対象としたスマートカードローンプラスが申し込みを開始しました。

スマートカードローンプラスは、新生銀行の口座を持っていない人でも利用できますが、すでに新生銀行口座を持っている人であれば、スピード借入が可能です。

専業主婦の方でも配偶者に安定収入があれば申し込みできます。利息は年4.5%~14.8%となっており、新生銀行カードローン「レイク」と比較しても低いです。

仮に最高利率の年14.8%で10万円を1ヶ月借りた場合、利息は1,216円となります。

主な特徴

18時までの契約完了で即日融資

即日融資

新生銀行スマートカードローンプラスのメリットは、なんといっても審査から融資までの速さです。

新生銀行のインターネットバンキング「新生パワーダイレクト」を利用している方であれば、平日18時までに契約が完了すれば即日融資が受けられます。

新生パワーダイレクトを利用していない方は、平日14時までに契約完了で即日融資です。また、新生銀行の口座を持っていない方は、同時申し込みとなりますので、日数がかかります。

これまで、平日14時までの契約完了で当日の借入ができるカードローンはありました。しかし、18時に契約が終わってもその日のうちに借りることができる新生銀行スマートカードローンプラスは、非常に即効性のあるカードローンだと言えます。

原則として本人確認書類が不要

書類不要

インターネットバンキングの「新生パワーダイレクト」からの申し込みで、原則として本人確認書類の提出が不要となります。

免許証やパスポートなどがなくても、必要事項を記入するだけで、すぐに審査手続きに移ることができるので簡単です。

また、申込限度額が100万円以内であれば収入証明書の提出も不要です。限度額100万円以内の場合、最高利率の年14.8%が適用されますが、それでもレイクと比較するとこちらのほうが利息が安く済みます。

専業主婦やパート・アルバイトでも借入可能

専業主婦

新生銀行スマートカードローンプラスの申し込み条件は以下のとおりです。

注意したいのは上記のうち2つですね。

まず、職業に関係がなく本人または配偶者に安定収入があれば申し込みできます。つまり、収入がない専業主婦の方でもダンナさんに収入があれば新生銀行スマートカードローンプラスの審査を受けられます。

もちろん、アルバイトやパート、契約社員の方は、本人に安定収入があるとみなされるので、問題なく審査をしてもらえます。

一方で、新生銀行スマートカードローンプラスにはデメリットがあります。それは、現在、新生銀行に他のカードローンの契約がない方という一文。

つまり、すでに新生銀行カードローン レイクで借入がある方は利用することができません。これは、大きなデメリットの一つです。

レイクとの比較

比較

レイクと比較しても、最高金利などのスペックはスマートカードローンプラスの方が高いので、初めて借りる方であれば個人的にはこちらをおすすめします。

ただし、審査スピードはレイクの方が早いと思われるので、お急ぎの方はレイクへ

また、レイクには初回限定で30日無利息(借入額5万円までなら180日無利息)のサービスがあるので、短期間での返済を考えているなら、レイクの方がメリットが大きいです。

この辺りは、それぞれの使い方しだいで、どちらがお得か変わってきます。

最高利率は14.8%と低め

金利と限度額

最大利用限度額は500万円となっており、銀行カードローンの中では低めに設定されています。

また、借入利率は4.5%~14.8%です。こちらは、銀行カードローンの中では平均的な水準と言えるでしょう。

ただし、収入証明書の提出が不要なのは、限度額100万円までなので、基本的には最高利率が適用されると考えておくことをおすすめします。

新生銀行ゴールドランクへステップアップ

ランクアップ

新生銀行には、

の3つの会員ステージが存在します。
会員ランクがアップするほど、預金金利が優遇されたり、振込手数料無料回数が増えます。

新生銀行スマートカードローンプラスを契約すると、それだけで自動的に、新生銀行のゴールドステージに昇格します。

ゴールドステージになると、毎月の振込手数料無料回数が5回にアップするので、実質的には、他行に振込をする時でも、振込手数料が発生しなくなります。

新生銀行スマートカードローンプラスのデメリット

私が新生銀行スマートカードローンプラスのデメリットだと考えるポイントは、3つあります。

1.収入証明書が不要なのは100万円まで
収入証明書がいらないのは、申し込み限度額100万円までとなっています。それ以上の限度額を希望する場合は、別途給与明細や源泉徴収票などの所得証明の提出が必要です。

他の銀行カードローンでは、限度額300万円までは所得証明が提出不要であることも多いです。しかし、新生銀行スマートカードローンプラスでは、その点はやや厳し目に見られています。

2.レイク契約者は借りることができない
すでに新生銀行カードローン「レイク」でキャッシングをしている人は、スマートカードローンプラスに申し込むことができません。

最高利率は低いのですが、レイクのように無利息期間がないので、利用者によってはレイクで借りたほうが利息が少なくて済む場合もあります。

3.専用のローンカードが発行される
カードローンを利用する多くの方が、知り合いや家族に借金がバレることを嫌います。最近は、銀行のキャッシュカードとローンカードが一体型になっているものも多いです。

一体型だと、他の人があなたの財布を見てもお金を借りていると知られる心配はありません。しかし、新生銀行スマートカードローンプラスの場合は、専用のローンカードが必要です。

つまり、もし財布の中にローンカードを入れていて、それが知られてしまうと、あなたがお金を借りていることを他の人に知られてしまう危険性があります。

借入と返済方法

ネットやコンビニATMから原則として24時間、いつでも借入・返済ができます。
新生銀行スマートカードローンプラスは、ATM手数料は無料です。

借入方法

提携ATM

借入方法は大きく2種類あります。

新生銀行では、セブン銀行ATMをはじめ主要なコンビニATMをすべて利用することが可能です。そして、ATM手数料も無料なので利用しやすいと思います。

コンビニATMは基本的に24時間空いているので、深夜に現金が必要になった場合でも、すぐにATMでお金を引き出すことが可能です。

ATMを利用する際には、契約後に発行される専用のローンカードが必要です。

もう一つの方法は、インターネットバンキング「新生パワーダイレクト」を使って振込金額を依頼する方法です。あなたが借りたい金額を申し込むと、24時間いつでもすぐに、あなたの新生銀行口座に依頼金額が振り込まれます。

スマートカードローンプラス利用者は、新生ゴールドランクに昇格しているので、毎月5回振込手数料は無料です。

もし、他の銀行口座にお金を移動させたい場合は、振込手数料0円ですぐに、他の口座へお金を入金することができます。

カードローンの中には、ATM・振込手数料が必要なものも少なくありません。しかし、新生銀行スマートカードローンプラスの場合は、その点は気にすることなく借入・返済できるのがメリットです。

返済方法

返済方法も同じく、ATM入金と口座引落があります。

一般的に利用されているのは、上記のうち、上2つです。借入時と同じく、手数料などはかからないので安心です。カードローンはこまめに返済したほうが利息が安く抑えられるので、積極的に返済を進めていくことをおすすめします。

返済日は自分で指定できるので、毎月の給料日直後あたりに設定しておくのがおすすめです。

人気のカードローン

イオンカードセレクト