カードローン一覧

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは、最高限度額800万円、借入利率 年4.0%~14.5%の無担保ローンです。

来店不要で申込書類はすべてWEBでの提出が可能です。PCまたはスマホがあれば、お近くに三井住友銀行の店舗がなくても申し込めます。

また、三井住友銀行カードローンは、現在、三井住友銀行に口座を持っていない人でも申し込めます。(カードローンの申し込みと同時に口座開設を行います)

原則として安定収入があれば申し込めます。職業は問いませんが、収入のない専業主婦の方は申し込めません。

この記事では、三井住友銀行カードローンを利用するにあたって、借り方・返し方、そしてメリットや注意すべき点について解説します。

三井住友銀行 公式サイトはこちら

主な特徴

最高利率でも14.5%の銀行カードローン

金利と限度額

三井住友銀行カードローンの金利は年4.0%~14.5%です。銀行カードローンならではの、満足度の高い利率で評判です。

申込限度額は800万円ですが、実際の利用可能額は審査結果によって異なります。一般的に、限度額が大きいほど、カードローンの利率は下がります。

▼カードローンの利用限度額と適用利率

利用限度額 借入利率
100万円以下 年12.0%~14.5%
100万円超200万円以下 年10.0%~12.0%
200万円超300万円以下 年8.0%~10.0%
300万円超400万円以下 年7%~8.0%
400万円超500万円以下 年6.0%~7.0%
500万円超600万円以下 年5.0%~6.0%
600万円超700万円以下 年4.5%~5.0%
700万円超800万円以下 年4.0%~4.5%

少しでも大きい額を申し込んでおきたい気持ちもありますが、審査のことを考えて、申込限度額は適切にしておくことをおすすめします。

  1. 借入期間が長くなりそうな方
  2. 借入条件を少しでも有利にするために、利用限度額を少しでも大きくするのがおすすめ。(限度額が上がると借入利率が下がる)
  3. 借りすぎ・使いすぎが心配な方
  4. 借入利率は高くなりますが、必要最小限の利用限度額で申請するのがおすすめ。希望限度額は最小10万円から選べます。

学生でも利用可能です

学生でもOK

三井住友銀行カードローンは、職業に関係なく、学生の方でも利用可能です。申込条件をまとめます。

  • 20歳以上、69歳以下
  • 原則として安定収入がある人
  • 保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス)の保証が受けられる人

職業や年収は問われませんので、パートやアルバイト、派遣社員や契約社員の方でも申し込みできます。

しかし、申込条件に「安定収入があること」が入っているため、専業主婦の方は利用できません

収入がない専業主婦の場合は、アルバイト・パートなどの何らかの職業に就くことで、申込できるようになります。

学生・専業主婦のように、収入がない場合は、アルバイトやパートと言った、何らかの職業に就くことで、申込ができるようになります。

三井住友銀行カードローンは、無担保・無保証のローンサービスです。

申込にあたって、不動産などの担保を用意する必要はありません。また、連帯保証人も不要です。

その代わりに、保証会社による二重の審査があります。

保証会社は、連帯保証人の役割を担ってくれる会社です。もし、カードローンの返済ができなくなった場合は、保証会社が三井住友銀行に代位弁済してくれます。(後日、返済遅延分を保証会社に支払う必要はあります)

三井住友銀行カードローンの保証会社は、SMBCコンシューマー・ファイナンス株式会社です。三井住友銀行グループであり、業界大手の保証会社なので安心です。

通常、保証会社を利用すると「保証料」がかかります。

しかし、三井住友銀行カードローンでは「保証料が金利に含まれている」ため、別途費用の負担はありません。

取引明細の郵送がなくプライバシーに配慮

スマホを操作する女性

三井住友銀行カードローンは、紙の明細を発行していないため、いつでもPC・スマホで利用状況の確認ができます

自宅に取引明細を郵送されると、家族や同居人の方にカードローンの利用が知られてしまい、心配をかけてしまうことを気にする方も多いです。

しかし、三井住友銀行カードローンは取引明細の郵送が行われないため、プライバシーに配慮された設計となっており、安心です。

もちろん、紙の取引明細を郵送して欲しい方にも対応しています。別途、手続きをすることで3ヶ月に一度、取引明細を郵送してもらうことも可能です。

三井住友銀行の口座がなくても申込可能

通帳を持つ女性

三井住友銀行カードローンの利用にあたって、銀行口座を持っている必要はありません。カードローンの申込と一緒に口座開設ができるので、現在三井住友銀行の口座を持っていない人でも、ローンの申込が可能です。

三井住友銀行の口座を開設する方は、キャッシュカードを使ってカードローンが利用できます。

口座開設を行わない場合は、専用のローンカードを使って借入・返済を行います。

審査は9時~21時まで行われています。

急な出費にも対応できるのは、三井住友銀行カードローンの大きなメリットです。

お申込みはこちら

お金を借りるにはどうすればいい?

ATM手数料0円

三井住友銀行カードローンは、ATMでの借入・返済を行います。また、インターネットバンキングやテレホンバンキングでの借入・返済も可能です。

すでに三井住友銀行の口座を持っている方
お持ちの銀行キャッシュカードを使って借入・返済が可能です。
カードローンの申込とあわせて口座開設する方
審査完了後、口座開設完了通知とキャッシュカードを自宅に送付します。
三井住友銀行の口座を作りたくない方
審査完了後、ローンカードを郵送にて自宅に送付します。

コンビニATMが利用できるので、原則として24時間いつでも、取引できます。(三井住友銀行ATMのみ借入、返済、残高照会が可能な時間は8:00~23:00です。)

  • 三井住友銀行ATM
  • ローソンATM
  • セブン銀行ATM
  • E-net(ファミマなどに設置)
  • ゆうちょATM

※ゆうちょ銀行ATMはローン専用カードでの借入のみ対応

三井住友銀行のローンカード、または銀行キャッシュカードをATMに挿入します。

あとはATMの指示通りに操作を進めていくだけで、カードローンの借入・返済が可能です。

通常、コンビニATMなどの利用には「ATM手数料」がかかります。しかし、三井住友銀行カードローンでは、ATM手数料や時間外手数料は無料です

振込によって借入をおこなう

WEB申込

ATMでの取引の他に、インターネットバンキングやモバイルバンキングを使った借入もできます。

三井住友銀行が提供している、インターネットバンキング(SMBCダイレクト)を使って、依頼した借入金額を三井住友銀行口座に振り込んでくれます。

家賃やクレジットカードの引き落とし日が迫っているなど、銀行口座の残高を回復させたい場合におすすめの借入方法です。

振込による融資も、手数料は無料です。

インターネットバンキングは、お手持ちのスマートフォンを使って申し込めるので、カードローンでお金を借りるためにATMに足を運びたくないという方にもおすすめです。

インターネット・電話による借入の利用シーン
ネットショッピング、クレジットカード、家賃、携帯料金の支払いなど。
ATMによる借入の利用シーン
現金が必要な場合。

月々の返済は2,000円から

コンビニATM

三井住友銀行カードローンの返済日は、

  • 毎月5日
  • 毎月15日
  • 毎月25日
  • 毎月月末

の4つから都合のよい日にちが選べます。

最もおすすめなのは、資金に余裕のある「給料日直後」です。給料日のすぐ後の返済なら、確実なローン返済が実現できます。

返済方法は3種類用意されています。

ATM
ローンカードまたはキャッシュカードを使って、ATMから現金を入金することで返済する方法。
口座振替
毎月の返済日に、銀行口座から返済額が自動引落される。
振込
カードローン口座に振込をすることで返済する方法。(振込手数料は自己負担です)

月々の最低返済額(約定返済額)は2,000円からとなっています。

その時の借入残高によって、月々の最低返済額が決まります。

借入残高が10万円以下の場合、月々の最低返済額は2,000円です。(毎月の返済額は公式サイトで確認できます

カードローンは約定返済額通りに返済していると、なかなか返済が終わりません。

借入期間が長期になってしまうと、どうしても利息負担が大きくなってしまうというデメリットがあります。

月々の返済額が少ないからと安心せず、お金に余裕がある時は積極的な臨時返済(増額返済)をおすすめします。

三井住友銀行カードローンは、コンビニATMの利用手数料が無料なので、増額返済しやすい設計になっています。

利息はどれくらいかかるの?

利息の計算方法

カードローンの利息の計算は「借入残高 × 借入利率 × 日数 ÷ 365」で計算できます。

しかし、実際は毎月の返済によって借入残高が減少していきますので、上記の計算結果よりも利息は小さくなるのが普通です。

カードローンの利息は高いと言われますが、借入期間が短期間であれば負担は大きくなりません。

例えば、15万円を三井住友銀行カードローンの最高利率である年14.5%で1年間借りた場合、利息は12,035円になります。

もし、給料の前借りのような感覚で、翌月に借りたお金を返済できるのであれば、利息はさらに小さくなります。

上記と同じ条件で、借入期間が1ヶ月なら、利息は1,787円で済みます

しかし、借入金額が大きくなったり、借入期間が長期になる場合、どうしても利息は高くなりがちです。(年14.5%という借入利率は決して低くはありません)

カードローンを上手く利用するためのポイントを3つあげておきます。

できる限り短期間で返済する
借入金額が大きくても、すぐに返済すれば利息はさほど大きくなりません。短期間で返済するには増額返済が不可欠です。
利用限度額をあげる
審査が必要ですが、利用限度額が大きくなるほど借入利率が下がるので、利息負担が軽減されます。
借入が長期化するときは借り換えを検討する
返済の目処が立たない場合や、借入期間が長引きそうな時は、より低金利なローンへの借り換えを検討します。

また、限度額が大きいからといって必要以上に借りすぎないことも大切です。

三井住友銀行カードローンは、利用限度額に関係なく、実際に借りた金額に対してのみ利息が発生します。その時の必要最小限の借入にとどめることで、利息負担を少なくできます。

計画的な利用を続けることが、カードローンと上手く付き合っていくためのコツです。

公式サイトで返済シミュレーションをしてみる

ページの先頭へ戻る