カードローン一覧

池田泉州銀行(キャッシュカード一体型カードローン)

池田泉州銀行

お金を借りるとき、他の人に知られてしまうのは不安材料のひとつではないですか?

しかし最近は、池田泉州銀行の「キャッシュカード一体型カードローン」のように、銀行のキャッシュカードと、ローンカードが一体型になっています。

専用のローンカードは発行不要で、新規に口座開設するか、すでにお持ちのキャッシュカードでお金が借りれます。

関西地盤の地方銀行である池田泉州銀行は、このキャッシュカード一体型カードローンで、最高限度額300万円の融資を行っています。

借入利率は年14.5%の固定金利なので、利息の計算方法もわかりやすいのがメリットです。

なお、池田泉州銀行は関西の地方銀行なので2府4県(大阪府・京都府・兵庫県・和歌山県・奈良県・滋賀県)にお住まいの方のみが申し込み対象となっています。

職業に関係なく借りれる

職業に関係なく借りれる

池田泉州銀行キャッシュカード一体型カードローンが人気なのは、申込条件さえ満たしていれば、職業に関係なく利用できることです。

職業は「パート・アルバイト」、「フリーター」を問いません。もちろん、契約社員や派遣社員の方、そして自営業の方でも池田泉州銀行カードローンに申し込めます。

申込の基本条件は以下のとおりです。

  • 契約時の年齢が満20歳以上、満70歳未満
  • 本人または配偶者に安定した収入がある
  • 保証会社の保証が受けられること
  • 2府4県(大阪府・京都府・兵庫県・和歌山県・奈良県・滋賀県)に住んでいる

※外国籍の方は永住許可を受けている方であれば申込可能です。

年金収入も「安定収入」と見られます。

よって、年金受給者の方でも池田泉州銀行カードローンに申し込めます。

この5つの条件を満たしていれば借入審査をしてもらえます。

関西に住んでいる人しか利用できないというのがデメリットなのですが、その分大阪や兵庫、京都に住んでいる人にとっては馴染みのある銀行なので安心感があります。

専業主婦の借入は基本的にNGですが、申込条件にもある通り、「配偶者に安定収入がある場合」に限り審査してもらえます。

もし、収入がない場合は、アルバイトやパートなどをはじめて、何らかの安定収入を得るのがおすすめです。

カードローンは年収が低いことが審査落ちの理由になることはほとんどありません。

年収に対して健全と思われる借入かどうか?」が審査の重要なポイントですので、年収が少ないことに不安を感じる方は「希望限度額を小さくして申し込む」ことをおすすめします。

もちろん、カードローンの契約後、増額申請をすることで、利用限度額を引き上げることも可能です。

申込に必要な書類

申込に必要な書類は以下の2点です。審査通過後、契約の段階で必要になりますので、事前に準備しておきましょう。

本人確認書類
運転免許証、健康保険証、パスポート、マイナンバーカードなどが使えます。
所得証明書類(契約金額が50万円超の場合のみ)
給与明細、納税証明書、確定申告書、住民税決定通知書などが使えます。

※契約金額が50万円以下でも、所得証明書類の提出が必要になる場合があります。

提出書類を少なくしたい方は、希望限度額50万円以下での申込がおすすめです。

保証料は無料

保証料0円

池田泉州銀行キャッシュカード一体型カードローンの保証会社は、新生フィナンシャル株式会社です。

新生銀行グループの保証会社なのですが、ここの審査に通ることが借入の必須条件となります。保証会社の審査はカードローンの申込が終わった段階で自動的にスタートします。

保証料は0円です。諸経費等はすべて金利に組み込まれているので、追加で費用が発生する心配はありません。

池田泉州銀行キャッシュカード一体型カードローンは、入会金・年会費0円なので、お金がなくても発行できます。

必要な費用は、カードローンでお金を借りた後、借りた金額に対して発生する「利息」のみです。

なぜ保証会社を通すのかという話ですが、万が一借りたお金の返済が難しくなった時に、私たちに代わって代理返済をしてくれるので保証会社の役割だからです。(もちろんその後、保証会社への返済は行う必要はあります)

つまり、担保や連帯保証人などは一切なしで申込・借入ができます。保証会社は私たちの連帯保証人の役割を担ってくれるのです。

金利は全国一律で年14.5%

金利は一律

保証料が金利に含まれているのなら、やっぱり金利は高いのではないかと思いますよね。

はい、正直にいうと金利は高いです。

多くのカードローンは変動金利を採用しているのですが、池田泉州銀行のキャッシュカード一体型カードローンは「年14.5%の固定金利」と決まっています。

つまり、他に条件の良いカードローンはたくさん存在しています。

しかし、最高金利でも年14.5%というのは、他の銀行カードローンと比較しても優秀です。銀行カードローンの中には、最高借入利率を年18%に設定しているところもあります。

主婦やサラリーマンの方などで「限度額は10万円か20万円ぐらいあれば十分なのに」と思っている人も多いのではないでしょうか?

借入限度額が50万円以下の場合、大抵は銀行カードローンの最高利率が適用されます。

つまり、他社のカードローンに申し込んで年18%が適用されるよりも、池田泉州銀行で年14.5%の固定金利を狙ったほうが利息を抑えられます。

利用限度額が50万円以下だと最高金利が適用されることも多い。

利息はどれくらい必要?

疑問

池田泉州銀行カードローンで年14.5%で借入を行った場合、利息がどれくらいかかるのか計算してみます。

結論から言うと、借入期間が短期間であればさほど利息は大きくなりません。しかし、借入期間が長くなると、途端に利息は大きく膨らむようになります。

カードローンはあくまでも、一時的な借入にとどめることをおすすめします。完済できる見込みが1年超になる場合は、フリーローンや担保付きローンといった、より低金利のローンに借り換えるのが得策です。

▼年14.5%で借りた場合の支払利息

3万円を1週間で返済
利息は83円です。
10万円を1ヶ月で返済
利息は1,191円です。
30万円を6ヶ月で返済
利息は12,812円です。
50万円を1年で返済
利息は40,128円です。

仮に30万円を借りても、6ヶ月で返済できれば利息は1万円程度で済みます。

ただし、カードローンは毎月の約定返済額(最低返済額)通りに返していても、なかなか完済できない仕組みとなっています。

上記のような計画通りの返済を実現するためには、積極的な「繰り上げ返済(増額返済)」が必要です。

池田泉州銀行カードローンは、50万円以下の借入残高の場合、月々の最低返済額は1万円です。

ゆっくりペースで返済できるのはメリットである一方、完済までに時間がかかるというデメリットもあります。やはり、カードローンの計画的な利用には繰り上げ返済が不可欠なのです。

池田泉州銀行カードローンで借りたお金の使い道は「自由」です。

原則として、どのようなことにも使えます。例えば、友人の結婚式などが重なり、一時的な「金欠」になった場合の生活費として、入院や治療費の支払いに、また海外旅行や資格取得、自己投資の資金にも使えます。

ただし、事業資金への利用はできません。事業資金を借りたい場合は、ビジネスローンなどを利用しましょう。

コンビニATMでかんたんに借入・返済

銀行ATM

池田泉州銀行のキャッシュカード一体型カードローンは借入も返済もシンプルです。

  • 池田泉州銀行ATM
  • 駅ナカATM パッとサッと
  • コンビニATM(セブン銀行、ローソン、E-net)

これら3種類のATMが使えます。
ATMにキャッシュカードを入れるだけで、限度額の範囲で自由にお金を引き出すことができます。

ローンカードを財布の中に入れて持ち歩きたくない方、ローンカードを使ってATMで取引するのには、周りの目が気になる方でも安心です。

池田泉州銀行のキャッシュカードで借入・返済できるので、周りから見ると、通常の預金引き出しとの区別がつきません。

また、お金に余裕がある時はいつでもATMに現金を入れることで任意返済(増額返済)が可能です。

返済日は毎月10日

電卓とカレンダー

返済日は毎月10日です。返済日に池田泉州銀行の口座から約定返済額が引き落とされる仕組みです。

約定返済額は返済日前日の借入残高によって異なります。

返済日前日の借入残高 返済額
1万円未満 すべて返済し完済となる
50万円未満 1万円
100万円未満 2万円
200万円未満 3万円
300万円未満 4万円

300万円借りても月々4万円の返済で良いので、返済ペースはゆるやかです。

ただし、前述したように、計画的な返済を行うためには、積極的な繰り上げ返済によって、借入期間を長引かせないことが大切です。

もし、池田泉州銀行の銀行口座を持っていない場合でもカードローンの申込時に口座開設できるので問題ありません。

次の記事はカードローンが返済できない場合の救済措置 債務整理以外の方法は?です。

こちらのカードローンも人気です

ネット銀行住宅ローンの口コミ投稿でAmazonギフト券プレゼント

この記事と関連するページ

ページの先頭へ戻る