カードローンのQ&A

夜中にお金を借りるためには?深夜にカードローンで融資を受ける方法

財布を持って困る男性

夜中にお金がないことに気づき、カードローンなどを急いで探す…というシーンは、誰でも直面する可能性があります。

しかし、深夜からお金を借りることができるか不安に思う人が多いかと思います。

結論から言うと、一からカードローンに申し込んで夜のうちに融資を受けるのは難しいです(※すでに契約しているカードローンがあれば深夜に借りる方法もあります)。

もしクレジットカードを持っていて、そのカードにキャッシング枠がついているのであれば、24時間お金を引き出せます。

カードローンは21時までに「契約」しておく必要あり

時計とカレンダー

お金を借りる最も一般的な方法のひとつが「カードローン」です。

深夜にお金を借りられるカードローン自体はありますが、それは既にカードローンで「契約」をしている場合に限ります。

カードローンを利用するまでには申込→契約→融資、という流れを踏むのですが、契約の際には審査が必要になります。

審査業務は遅くとも21:00頃までしか行っていないので、夜に申し込んだ場合は翌朝対応になってしまうため、深夜のうちの融資は難しいです。

公式サイトで「24時間365日申込OK」と書いてあるカードローンは、あくまで「申込」をネットでいつでも受け付けているという意味で、夜中でも審査や契約を行っているというわけではありません。

カードローン融資までの一般的な流れを、ネットから申し込む場合を例にまとめると下記のとおりです。

■カードローンで融資を受けるまでの流れ(ネット申込の場合)

1.サイトの申込フォームに入力
所要時間:約15~30分
まずはカードローンの専用申込フォームに入力・送信します。
2.審査
所要時間:早ければ30分~1時間
申込フォームの内容や信用情報の確認、勤務先への在籍確認などをもとに審査を行います。
ネット申し込みの場合は本人確認証明書をスマホで撮影してアップロードするので、運転免許証などを手元に用意しておくとスムーズです。
3.契約完了
本審査にも受かれば契約完了となり、審査の結果決定した借入限度額が知らされます。
4.実際に借入れ
限度額の範囲内で、借りたい金額で振込を申し込んだり、ATMで現金を引き出したりします。

審査スピードが早い消費者金融(アコムやプロミスなど)の一部は、日中からカードローンの申込を行えば上記の手続き全てを即日対応してくれます。

安心して即日融資を受けられる時間帯は14:00頃までですが、ネット申込後に電話で急ぎの旨を伝えるなど、相談次第ではもう少し遅くに即日融資を検討してもらえる可能性があります。

参考:即日審査できるカードローン金利ランキング 土日祝の振込が可能かも比較

しかし注意が必要なのは、勤務先への在籍確認です。

在籍確認を完了するためには、あなたが勤めている会社に電話が繋がる必要があるので、勤め先の営業時間以降の申込だと電話がつながらず、当日中に在籍確認ができません。

よってカードローンを一から申し込む場合は、原則「日中から手続きをしないと即日融資が難しい」と思っておいた方が良いです。

先にカードローンに契約だけしておくのが理想

スマホを持つ男性

急ぎでカードローンを利用する際に一番理想なのは、時間の余裕があるうちにカードローンの「契約」まで済ませておくことです。

カードローンは一度契約して借入限度額が設定されれば、限度額内でいつでもお金を借りられるようになります。

お金を借りるたびに都度審査が必要になることはないので、急ぎの時も安心です。

たとえばローンカードを発行しておけば、深夜でもコンビニなどの提携ATMから現金が引き出せるようになります。

なるべく急ぎでローンカードを持ちたい(早く現金を引き出したい)場合は、カードの受け取り方法を「郵送」ではなく、自動契約機店舗窓口にすることをおすすめします。

ローンカードを持ちたくないなら銀行カードローン

カードローンは消費者金融以外に、銀行も取り扱っています。

銀行系カードローンは消費者金融より審査に時間がかかるケースが多いので、「契約から借入れまでを即日行いたい」という場合には不向きです。

しかし消費者金融にはないメリットとして、銀行キャッシュカードをローンカードとして利用できる銀行もあります。

「ローンカードを持ちたくないけど、ATMで現金キャッシングをすることもあるかも…」という人は、キャッシュカードさえあればOKなので便利です。

たとえば、国内コンビニATM設置台数No.1の「セブン銀行」は、キャッシュカード1枚でカードローンが利用できます。

※近年は大手消費者金融でも、セブン銀行の「スマホATM」でカード不要の現金引き出しに対応しつつあります。

他にも、アコムやプロミスでは土日も即時振込できるサービスを扱っているので、24時間いつでも口座に振り込んでもらえます。

アコムは楽天銀行、プロミスは三井住友銀行ジャパンネット銀行への入金なら、深夜も含めて即時振込に対応してくれます。

→カードローンのスピード比較記事はこちら

審査不要の業者は「闇金」じゃないか調べるべき

破産イメージシルエット

中には、「激甘審査」「審査なしで融資」といった甘い文章で広告を出している業者もあります。

このような業者は、正式に貸金業者として登録していない、いわゆる闇金の可能性もあるので要注意です。法外な利息や手数料を取られることになりかねません。

ヤミ金の被害に合わないためにも、聞いたことがない業者での融資を検討する際は金融庁の公式サイトで「正式に貸金業者として登録しているかどうか」を事前確認することをおすすめします。

下記サイトで企業名などを検索し、ヒットすればヤミ金ではありません。

■金融庁 登録貸金業者情報検索入力ページ

クレジットカードのキャッシングは深夜も借りられる

クレジットカードを持つ女性

もし既に、キャッシング枠のついたクレジットカードを持っているなら、深夜でもキャッシングが可能です。

キャッシング枠内であれば、今からでも都度審査なしでお金を借り入れることができます。

クレジットカードのキャッシング枠は、クレジットカードを申し込む時点で審査を行っており、その審査結果に基づいて利用限度額が設定されています。

つまり、「キャッシング枠つきのクレジットカードを持っている」ということは、カードローンの「契約」まで既に済んでローンカードを持っているのと同じ状況と言えます。

クレジットカードのキャッシングはカードローンより借入限度額が少ない場合も多いですが、10万円前後の少額の借入れなら十分使えると思います。

「明日の飲み会代が足りない」「結婚式のご祝儀を用意し忘れていた」といったシーンでも便利です。

クレジットカードのキャッシングの方法は、下記2通りです。

■クレジットカードのキャッシングの方法

  • 提携ATMで現金を引き出す
  • ネットキャッシングで振込

提携ATMで現金を引き出す

ATMと封筒

キャッシング枠のついたクレジットカードを提携ATMに入れると、現金キャッシングができます。

コンビニATMが使えるクレジットカードも増えてきているので、深夜でも足を運べます。

ただし、クレジットカード会社やATMによって現金を引き出せる時間帯が異なるので注意が必要です。

また、深夜にATMを利用すると時間外手数料がかかるケースもある上に、クレジットカードによってはキャッシング手数料が100~200円ほどかかる場合もあります。

ネットキャッシングで振込

夜にスマホを操作する手

今はほとんどの大手クレジットカードで、スマホのマイページからネットキャッシング申込ができます。

ネットキャッシングに申し込むとお金が指定口座に振り込まれるので、携帯代などの引き落としに備えたい時などにも便利です。

主要なクレジットカードのネットキャッシングは振込手数料無料なので、ATMからの現金キャッシングよりお得です。

ただしクレジットカードによっては、深夜にキャッシング申込をすると翌営業日(9:00くらい)の振込になる場合もあるので要確認です。

土日祝に振込対応をしてもらえるかどうも、クレジットカード会社によって異なります。

平日も土日祝も即振込キャッシングができるクレジットカードは、「イオンカード」が代表的です。

イオンカードセレクト

イオンのクレジットカードは、イオン銀行の口座を使っていると24時間365日いつでもネットキャッシングが可能です。

イオン銀行の口座開設をする時に、クレジットカード一体型のキャッシュカード「イオンカードセレクト」を発行するのが、最も手軽だと思います。

イオンカードセレクトはネット完結で申し込める上に、入会費や年会費も一切かからないカードです。

→イオンカードセレクトの詳細はこちら

関連リンク

ネット銀行住宅ローンの口コミ投稿でAmazonギフト券プレゼント

この記事と関連するページ

ページの先頭へ戻る