カードローンのQ&A

楽天銀行カードローンの審査に在籍確認はあるの? 回答:ありますが安心してください

在籍確認

カードローンを利用してお金を借りる時に気になるのが、

  • 審査の難易度やスピードはどうなのか
  • 電話による在籍確認はあるのか?

と言った内容です。

特に楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)は人気のローンなので、気になる方も多いと思います。

今回は、楽天銀行カードローンの在籍確認や審査について、ネットでいろいろ調査してきました。

結論から言うと、職場への在籍確認はありますが、プライバシーに配慮されているので安心です。

また、職場の人にカードローンの利用を疑われた場合に、どのように対処すればよいかについても解説します。

在籍確認は個人名で行われます

オペレーター

残念ながら、楽天銀行カードローンにも職場への在籍確認(通称:在確)があります

在籍確認は、職場の電話担当者が取り次ぐだけなので、ほとんどの場合、自分では気づかないと思います。(申込者本人が電話に出る必要はありません)

キャッシングをすることを社内の人に知られてしまうのではないか?と心配される方もいると思います。しかし、楽天銀行はプライバシーには配慮して在籍確認するので安心です。

具体的には、

  • 楽天銀行の◯◯と申します
  • 楽天銀行スーパーローンです

と言った社名・サービス名は一切告げられず、個人名で電話します。

そして、カードローンの申込者がその会社に属していることが確認できたら、それ以上の情報を告げることなあく、すぐに電話を切ってくれます。

在籍確認はあくまでも、申込者本人が本当にその勤務先にいるかどうかをチェックするためのものです。

職場の電話担当者は、楽天銀行からの電話が在籍確認であることすら気づかないと思います。

もし、在籍確認の電話だと気づいたとしても、クレジットカードの申込か、住宅ローンの申し込みだと思うのが普通です。キャッシングをしていることがバレる心配はありません。

銀行名を通知することもある

電話する女性

楽天銀行では、在籍確認について公式サイトでこのように回答しています。

審査の一環としてお電話にてご勤務先への在籍確認を行わせていただきます。在籍確認のお電話は、非通知設定・担当者個人名でご連絡いたしますのでご安心ください。

社名を尋ねられた場合、「楽天銀行の○○(担当者名)」とお伝えします

※ 非通知拒否設定の場合、電話番号を通知の上お電話させていただきます。 (専業主婦の方は、在籍確認はございません。)

勤務先には非通知設定・審査担当者の個人名で電話をしてくれます。

ですので、職場の電話担当者は「楽天銀行からの電話である」ことに気づきません。

しかし、職場によっては、非通知での電話を拒否している場合や、「どちらの会社様ですか?」と尋ねることがあるかもしれません。

このような時は、仕方がありませんので、楽天銀行の審査担当者は「電話番号を通知」し、「楽天銀行の者です」と伝えます。

楽天銀行は、カードローンだけではなく、クレジットカード・住宅ローンなど幅広いサービスを展開しています。

これらのサービスに申し込んだ場合でも、在籍確認は行いますので、楽天銀行から電話がかかってきたからと言って、職場の人に「カードローンの利用を疑われる」ことはありません。

もし万が一、職場の人に「楽天銀行から電話があったけど、なにかあったの?」と聞かれたら、「クレジットカードに申し込みました」と言えばよいでしょう。

ちなみに、勤務先の存在しない「専業主婦の方」に対しては、在籍確認はありません。

在確があった時点で審査通過

電車でスマホを操作するサラリーマン

ちなみに、在確があった時点で、カードローンの審査には通過しています。もし申込審査に落ちた場合は、本人確認をする必要がないので、在籍確認や本人への電話確認は行われません。

他の人に借金することが知られないか、ちょっと不安になってしまう在籍確認ですが、電話が来た時点で審査に通ったことが確約されるので、逆に言うと「合格通知」と言い換えることもできます。

そう考えると、在籍確認の電話がちょっと待ち遠しくなりますよね。

もちろん、職場を偽るなどの虚偽申告が発覚した場合は、在確後でも審査結果を取り消される可能性があります。申込書類は嘘偽りなく、正確に書くようにしましょう。

在籍確認の後、審査が終わったら申込時のメールアドレスに審査結果が通知されます。

ただし、楽天銀行が連絡が必要と判断した場合は、電話にて審査回答を通知することもあります。(入力したメールアドレスが間違っている場合など)

審査が厳しい楽天銀行カードローン

困る男性

利用者の情報を参考にすると、楽天銀行スーパーローンの審査難易度は少し高めです。審査に落ちてしまったという意見もかなり多いです。

100%とは限りませんが、「審査に少々お時間がかかっておりますので~」という、審査を長引かせているといった内容のメールが来ると、否決されるケースが多いという口コミが非常に多いです。

楽天銀行カードローンの保証会社は、「楽天カード株式会社」、「株式会社セディナ」の2つがあります。

おそらく、最初にどちらか一方の会社が審査を行い、そこで否決となった場合に、「審査に少々お時間がかかっておりますので~」メールを送信。

それからもう一方の保証会社が審査するという流れになっているのではないかと予想します。

また、実際に楽天銀行スーパーローンを使っている人の意見を見てみると、審査通過までにおよそ3~4日程度かかることも珍しくありません

借入額が減額される可能性もあり

電卓を持つ男性

楽天銀行スーパーローンの利用限度額は、最大800万円です。銀行カードローンだけあって、大きな限度額が強みです。

しかし、審査の結果、融資OKとなった場合でも、希望限度額を減額されることはよくあります。

例えば、限度額300万円を希望したのに、200万円で審査に通過したなど。こればかりは仕方ありません。

逆に考えると、希望金額の融資額が難しい場合でも、減額することで審査に通してくれるので安心です。

楽天銀行スーパーローンの借入利率は、利用限度額によって決定します。

利用限度額が大きくなるほど、借入利率が下がりますので、利息負担が気になる方は、大きめの限度額で申し込むことをおすすめします。

逆に、借りすぎが心配な場合は、小さめの限度額で申し込むことが大切です。限度額の増額は後からでも可能です。

また、カードローンの審査で最も大切なのは「年収に対して無理のない借入かどうか」だと聞きます。

「年収の低い方が800万円の借入を希望する」というのもおかしな話ですので、まずは審査通過を最優先させ、適切な借入にとどめておくようにしましょう。

▼楽天銀行スーパーローンのさらに詳しい情報はこちらです。

こちらの記事もおすすめです

ページの先頭へ戻る