楽天銀行カードローンの審査に在籍確認はあるのだろうか?

在籍確認

カードローンを活用してお金を借りる時、気になるのが申込時の対応です。審査の難易度やスピード感はどうなのか、電話による在籍確認はあるのか?など。

特に楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)は専業主婦でも利用できる人気のローンなので、気になる方も多いと思います。

楽天銀行カードローンは利用者も多いと思ったので、在籍確認や審査について、ネットでいろいろ調査してきました。

電話で在籍確認があります

残念ながら、楽天銀行カードローンにも在籍確認(通称:在確)があります

楽天銀行カードローンでは、「職場」と「自分の携帯」の2箇所に在籍確認の電話があります。職場への在確は、総務などの担当者が取り次ぐだけなので、ほとんどの場合、自分では気づかないと思います。

キャッシングをすることを社内の人に知られてしまうのではないか?という心配もあると思いますが、楽天銀行もプライバシーには配慮してくれるので安心です。

具体的には、「楽天銀行スーパーローンです」と言った社名などは一切告げられず、個人名で電話します。そして、あなたがその会社に属していることが確認できたら、その他のことは一切通知されません。在籍確認はあくまでも、申込者本人が本当にその職場にいるかどうかをチェックするためのものです。

電話を取り次いだ担当者は、在籍確認であることすら気づかないと思います。もし、在籍確認の電話だと気づいたとしても、クレジットカードの申込か何かだと思うのが普通です。キャッシングをしていることがバレる心配はありません。

在確があった時点で審査通過

ちなみに、在確があった時点で、カードローンの審査には通過しています。もし申込審査に落ちた場合は、本人確認をする必要がないので、在籍確認や本人への電話確認は行われません。

他の人に借金することが知られないか、ちょっと不安になってしまう在籍確認ですが、電話が来た時点で審査に通ったことが確約されるので、逆に言うと「合格通知」と言い換えることもできます。

そう考えると、在籍確認の電話がちょっと待ち遠しくなりますよね。

もちろん、職場を偽るなどの虚偽申告が発覚した場合は、在確後でも審査結果を取り消される可能性があります。申込書類は嘘偽りなく、キチンと正確に書くようにしましょう。

審査はちょっと厳しい

利用者の情報を参考にすると、楽天銀行スーパーローンの審査難易度は少し高めです。審査に落ちてしまったとの意見もかなり多いです。

100%とは限りませんが、「審査に少々お時間がかかっておりますので~」との、審査を長引かせているといった内容のメールが来ると、否決されるケースが多いという口コミが非常に多いです。

楽天銀行カードローンの保証会社は、「楽天カード株式会社」、「株式会社セディナ」の2つがあります。おそらく、最初にどちらか一方の会社が審査を行い、そこで否決となった場合に、「審査に少々お時間がかかっておりますので~」メールを送信。それからもう一方の保証会社が審査するという流れになっているのではないかと予想します。

楽天銀行によると、最短で即日融資も可能とのことです。しかし、実際に使っている人の意見を見てみると、審査通過までにおよそ3~4日程度かかることも珍しくありません。

減額される可能性もあり

楽天銀行スーパーローンの利用限度額は、最大800万円です。銀行カードローンだけあって、低金利かつ大きな限度額が強みで、一本化にも向いています。

しかし、審査の結果、融資OKとなった場合でも、希望限度額を減額されることはよくあります。例えば、限度額300万円を希望したのに、200万円で審査に通過したなど。こればかりは仕方ありません。

逆に考えると、希望金額の融資額が難しい場合でも、減額することで審査に通してくれるので安心です。

また、原則として「限度額300万円までの申込は収入証明書の提出が不要」です。本人確認書類が用意できれば、300万円までは無担保・無保証で借りることが可能です。

なお、収入のない専業主婦の方でも、楽天銀行カードローンは利用できます。しかし、専業主婦は利用限度額が50万円に制限されます。

イオンカードセレクト