銀行カードローンの保証会社まとめ、審査結果に影響を及ぼすって本当?

審査

知っていると審査通過率が上がります。

カードローンの審査は、以下の手順で進められます。

1.銀行の審査
2.保証会社の審査

審査が銀行と保証会社の2重構造になっている理由は、もしあなたが借りたお金を返せなくなった場合に、銀行に対して支払いを立て替え得るのが保証会社だからです。

カードローンは無担保・無保証となっていますが、実質的には保証会社が「保証人」と同じ役割を果たしています。通常は保証会社を利用する際に「保証料」が必要になります。しかし、カードローンの場合は金利の中にすでに保証料が含まれているので、別途保証料を支払う必要はありません。

ではなぜ、保証会社を知っているとカードローンの審査通過率が上がるのかというと、保証会社は複数の銀行カードローンの保証業務を担っていることが多いからです。

例えば、保証会社の「アコム」は独自でもカードローンを展開していますが、セブン銀行カードローンや、ソニー銀行カードローンの審査も保証会社として担当します。

つまり、アコム・セブン銀行・ソニーのいずれかの審査に落ちてしまうと、その他のところでも審査に通りにくいとわかります。(なぜなら同じアコムが審査しているからです)

そこで、アコム系の保証会社のカードローンに落ちたら、他の保証会社のカードローンを受けてみるというのが、得策となります。

保証会社のまとめ

それでは、具体的にどの保証会社がどのカードローンの審査を担当しているか、まとめてみたいと思います。

アコム

プロミスと並んで、アコムも保証会社として有名です。その昔「消費者金融」として名を馳せた会社は、現在は銀行傘下に入っており、保証業務を主体としているケースが多くなっています。アコムも同様です。

アコムは他の保証会社と比較しても審査が早いと言われており、お急ぎに方にもおすすめの保証会社です。

保証会社がアコムとなっているカードローンは、大抵、審査スピードが早かったり、即日融資に対応してくれるケースが多いです。

アコムが保証会社として審査するカードローン
ソニー銀行カードローン
セブン銀行カードローン
じぶん銀行カードローン

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)

キャッシングでもおなじみのプロミスですが、現在は保証業務で国内最大規模の会社に成長しています。

現在は、プロミスという会社はなくなっており「SMBCコンシューマーファイナンス」という社名です。保証会社にSMBCコンシューマーファイナンスと書かれていたら、プロミスが審査をしているんだなと思ってください。

SMBCコンシューマーファイナンスが保証会社として審査するカードローン
住信SBIネット銀行カードローン(MR.カードローン)
ジャパンネット銀行ネットキャッシング

その他

その他にも、様々な保証会社があります。
注目点としては、比較的人気の高い楽天銀行スーパーローンが「セディナ」という独自の保証会社を採用していることです。

■イオンクレジットサービス
イオン銀行カードローンBIGの審査を担当。イオン銀行カードローンBIGはその他にも、オリックス・クレジットが保証会社として入っています。

■オリックス・クレジット株式会社
オリックス銀行カードローン
・イオン銀行カードローンBIG

■新生フィナンシャル株式会社
新生銀行カードローン レイク
・オリックス銀行カードローン

■セディナ
楽天銀行カードローン

■オリエントコーポレーション(通称:オリコ)
スルガ銀行カードローン リザーブドプラン

■スルガキャピタル・ダイレクトワン
スルガ銀行カードローン リザーブドプラン

さいごに

個別のカードローンによって審査基準は違うため、最終的には保証会社が同じカードローンでも申し込んでみる価値はあります。

しかし、できることなら「どこが保証会社なのか?」を知ったうえで申込みをしたほうが、審査を有利にすすめることができます。

カードローンその他の記事

イオンカードセレクト