カードローン比較と便利な使い方

カードローンの借り換え審査時に注意しておきたい5つの項目

カードローンの借り換え

カードローンを利用する上で最も気にかけたいのが「利息」です。
金利が高いローンから低いローンへの借り換え、一本化によって低金利にするなど、返済効率をUPできるので、借り換えメリットは大きいです。

しかし、借り換え時にももちろん審査があります。
審査に通過しなければ、より限度額が大きく低金利なカードローンは使えません。

借り換え時の審査で気にする5つのポイント

ここでは、カードローンの借り換え審査で注意したいポイントをまとめます。

審査のハードルは高い

カードローンの借り換えを考える目的はなんですか?
おそらくほとんどの方が「一本化(おまとめ)」か「より低金利なローンへの乗り換え」が理由で、借り換えを検討していると思います。

しかし、いずれの場合も借り換え時の審査は厳しいと考えてください。
なぜなら、一本化の場合も低金利にしたい場合も、審査が厳しくなるのは仕方がないからです。

■一本化
複数社からの借り入れを一本化し、おまとめローンに乗り換えたい場合、どうしても限度額が高額になります。借入限度額が高額になるほど、審査のハードルは高くなります。

■低金利ローン
銀行カードローンなど、一般的に低金利なローンになるほど審査が厳しくなります。

すべて正直に話そう

審査が厳しくなるからと言って、カードローンの借り換えで絶対にやってはいけないことがあります。それは「嘘をついてしまうこと」です。

審査に落ちてしまうかも、、、といった不安から、どうしても年収や勤務先を良く見せようとしたり、借り入れを行っている会社の件数を少なく申告してしまう人も多いです。

しかし、これは絶対にやめてください。
あなたの信用情報は金融機関同士で共有されていますから、すべて筒抜けです。

正直にすべて話すことが、もっとも審査に通りやすいコツなのです。

  • 借り換えするにあたっていくら必要か?
  • 現在、何件の会社から借り入れをしているか?
  • いまの職業は?(勤続年数など)
  • 年収はどれくらいか?

他社からの債務状況や勤続年数、年収は審査をする上で最も重視されるポイントです。
だからこそ、嘘を言わず正直に書くことが大切です。

必要書類の準備

カードローンの中には、本人確認書類のみで審査してもらえるケースも多いです。しかし、契約金額が大きい場合は別途書類が必要になることがあります。

また、すでに複数の会社からの借り入れで債務が数百万円になっている場合も、本人書類以外の書類提出が求められる可能性があります。

この記事と関連するページ