返済日を指定できるカードローン比較!月々2,000円からの返済も可能

ATM

金欠の時に限って返済日が到来…

カードローンでお金を借りると、毎月「約定返済日」がやってきます。返済日にお金に余裕があればよいのですが、財布の事情が厳しい時もあると思います。

返済の負担を軽減するコツは2つあります。

例えば、給料日の翌日に返済日が来るように設定できて、しかも月々の返済額が少ないカードローンがあると、返済日に慌てる心配もありません。

返済日が指定できるカードローンは?

そこで今回は、返済日が指定できる、自由度の高いカードローンをまとめました。さらに、月々の返済額が少なくて良いものを中心に紹介します。

ソニー銀行カードローン

ソニー銀行

月々の返済は2,000円からでOKです。
返済日は毎月、2日、7日、12日、17日、22日、27日から選べます。

ソニー銀行は申込みを再開したばかりなのですが、そのスペックの高さから、現在たいへん評判となっているカードローンです。

利用限度額は最大800万円、借入利率は2.5%~13.8%です。最高利率でも14%を下回っているので、銀行系カードローンの中でもトップクラスの低金利と言えます。

すでにソニー銀行の口座を持っている人なら、最短60分で審査、最短即日のスピード融資も可能。お急ぎの方にもおすすめです。

まだソニー銀行の口座を持っていない場合は、初回に限りあなたの指定口座に振込融資をしてくれるため、最短翌日の融資ができます。申込時に提出書類も必要ありません。

専業主婦の方は利用限度額が50万円に制限されますが、申し込めます。また、学生の方も本人に収入があることを条件に、ソニー銀行カードローンは使えるので安心です。

月々の返済額は、

10万円以下なら2,000円
60万円以下で8,000円
100万円以下で12,000円

となっており、他社と比較しても毎月の返済額はゆるやかです。もちろん、お金に余裕があるときは、手数料0円でいつでも増額返済が可能です。

申込み手続きは24時間いつでもスマホやPCから行えます。
前向きな審査をしてもらえると評判なので、ローンの一本化やおまとめにも人気です。

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行

月々の返済は2,000円から。
返済日は毎月、1日、12日、20日、27日から選べます。

楽天銀行のカードローンは、年1.9%~14.5%で最大800万円まで借りれます。専業主婦の方でも利用できるので安心です。(専業主婦の利用限度額は50万円まで)

ソニー銀行カードローンと比較して、返済日に選べる日数が少なく、また毎月の返済額も少し高めとなっています。

審査結果は最短当日中にわかりますが、楽天銀行スーパーローンでは、即日融資はおこなっていません。

楽天銀行カードローンは女性への融資にも積極的で、新規申し込みで楽天スーパーポイント1,000円相当がもらえます。

月々の返済額は、

10万円以下なら2,000円
50万円以下で10,000円
100万円以下で15,000円

となっています。
やはり、ソニー銀行カードローンと同様に、月々2,000円から返済できるのも魅力。

保証会社が楽天カードとセディナになっているのが特徴。定番のアコムやプロミスの審査が苦手な方にとっては、おすすめできるカードローンです。

利用限度額はやや小さめですが、おまとめやローンの一本化にも使えます。

ジャパンネット銀行 ネットキャッシング

ジャパンネット銀行

月々の返済は3,000円から。
返済日は自分で自由に指定できます。

カードローンではなく、「振込融資」に特化しているのが、ジャパンネット銀行のネットキャッシングです。一度口座にお金を振り込んでもらい、それを出金すればOKなので、使い勝手はカードローンとほとんど同じです。

ジャパンネット銀行は返済日の自由度が最も高いのがメリットです。毎月決まった日に返済をする必要がありますが、約定返済日は自分で設定できます。

あなたの給料日など、お金に余裕がある日に合わせて返済日が決められるのは、銀行系カードローンの中でもジャパンネット銀行くらいです。

ジャパンネット銀行 ネットキャッシングの大きなメリットとして、初回の利用に限り30日間無利息融資というサービスがあります。

即日融資には対応していないのですが、30日間無利息というのは実は結構大きな強みだと、私は思っています。(審査結果は最短60分でわかります)

ただし毎月の返済額は、

10万円以下なら3,000円
50万円以下で10,000円
100万円以下で20,000円

と、ソニー銀行や楽天銀行よりもややキツめです。
仮に借入残高が100万円だった場合、ソニー銀行カードローンなら12,000円の返済で済みますが、ジャパンネット銀行の場合は2万円を返済する必要があります。

新生銀行カードローン レイク

レイク

月々の返済は3,000円から。
返済日は自由に設定可能。

CMでもおなじみの、新生銀行カードローンのレイク。以前は返済日が2つしか選べませんでしたが、現在は自由に指定できるようになっています。

レイクの最大の強みは、初回に限り5万円までは180日無利息、5万円を超える部分については30日無利息で使えることです。この特典は非常にお得なので、ぜひ活用したいところ。

また、専業主婦の利用も可能であり、審査スピードも早いのがレイクの特徴。最短即日融資に対応しているので、すぐに借入が必要な場合でも、選びやすいカードローンです。

毎月の返済額は、

10万円以下なら3,000円
50万円以下で12,000円
100万円以下で25,000円

です。
借入残高が50万円以下までなら、比較的使いやすいと思います。しかし、残高が100万円近くになると、毎月の返済額が25,000円となるため、ややキツイと思います。

その他のカードローンにも共通して言えることですが、返済方法には「残高スライドリボルビング方式」が採用されており、返済が進んで借入残高が減れば、それに合わせて月々の返済額も減少していきます。

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行

月々の返済は7,000円から。
返済日は10日と末日が選べます。

今回紹介したカードローンの中では、最も敷居が高いのがオリックス銀行カードローンです。

金利は低め、限度額は高めなのですがその分審査にはしっかりと時間をかけると言われています。審査から借入までには数日が必要で、収入のない専業主婦の方はオリックス銀行カードローンを利用できません。

こういったことからも、審査難易度の高さがうかがえます。

また、毎月の返済額も、

30万円以下なら7,000円
50万円以下で10,000円
100万円以下で20,000円

となっており、ペースは早めです。
借入残高50万円~100万円のゾーンは、他の銀行カードローンと同じようなペースでの返済となります。

しかし、借入残高30万円以下の場合は、ソニー銀行カードローンの3倍以上のペースで返済を進めていかなければなりません。

そう考えると、10万円程度の小額を借りたい場合には、オリックス銀行カードローンは不向きといえるのではないでしょうか?

いかがでしたか?

返済日が指定できること、そして毎月の返済額が少なくて済むことを考えると、トータルスペックではソニー銀行カードローンがリードしています。

まだまだ、返済日が完全に決められているカードローンは多いです。そういったカードローンを選んでしまうと、いつも給料日前の金欠の時に返済日が来ることもあり、お金を返すのが難しくなります。

返済日は計画的にローンを利用するためにも、慎重に決めることをおすすめします。

イオンカードセレクト