銀行カードローンの審査基準が高すぎると言われる3つの理由

銀行

カードローンを利用するとき、最初のハードルとして立ちはだかるのが、「審査」です。口コミ情報を見ていても、審査に通ったか、落ちたかが多くの話題となっています。

使い道は人それぞれですが、カードローンに申し込むということは、お金に困っているからに他なりません。そのような時に審査に落とされると、非常にキツイですよね。

特に銀行のカードローンは審査基準が高すぎるとの意見が目立ちます。なぜ、銀行カードローンは審査基準が高いのか、その理由についてまとめます。

銀行の審査はなぜ厳しい?

最近は、ネット銀行のカードローンに申し込む人も増えています。大手と比較してそれほど審査が緩い・厳しいといったことはありません。しかし、ネット銀行のカードローンも一定の審査基準を設けています。

総量規制の対象外

同じカードローンでも、消費者金融と銀行では大きく違います。その違いは、総量規制の対象かどうかです。消費者金融は、総量規制の対象となるため、年収の3分の1を超える貸出はできません。

例えば、消費者金融の場合、年収300万円の人に対しては、他社の借入も含めてトータルで100万円までしか融資することができません。これは改正貸金業法のルールで決まっていることなので、貸したくても貸せないのです。

一方、銀行カードローンは総量規制の対象外です。銀行側の審査に通りさえすれば、他社からいくら借りていようが制限はありません。これは、銀行が国民の生活を支える一種の義務があると判断されてのことだと思います。

しかし、銀行も貸し倒れはできるだけ避けたいはずです。年収の3分の1を超えた融資ができる分、審査難易度は当然上がってしまいます。しかし、複数社から借りていて、審査に通りにくくなった時、最終的な駆け込み寺として頼れるのは、銀行にほかなりません。

低金利かつ利用限度額が大きい

総量規制から外れていることもあり、銀行のカードローンは利用限度額が大きいです。例えば、オリックス銀行は最高800万円まで融資してくれますし、ジャパンネット銀行ネットキャッシングの最大限度額は1,000万円です。

これなら、子どもの教育費や両親の介護費用など、まとまったお金が必要な場合にも頼れます。

また、銀行は総じて低金利で借りることができるメリットがあります。消費者金融と比較して、金利が低いので利息負担が小さく、返済計画も立てやすいです。

これら2つのメリットを活用して、銀行のカードローンを「おまとめローン」として使う人も多いです。ローンの一本化をすることで、返済しやすい状況を作り、また借入金利も下げることができます。

しかし、大きな利用限度額と低金利といった2つのメリットがある分、多額の借入を行う場合は、やはり審査が厳しくなります。

いわゆるブラックに対しても融資する

前述の総量規制の対象外や、ローンの一本化もそうですが、銀行は国民の生活を担っている部分が少なからずあります。よって、多重債務を抱える人(いわゆるブラックの人)に対しても融資をしてくれます。

「ブラックでも貸します!」と大々的に公表している銀行はありません。しかし、最終的に頼れるのは制度上、銀行カードローンしかありえないのもまた事実です。

ブラックとは違いますが、楽天銀行スーパーローンや、セブン銀行カードローンは、収入のない専業主婦への融資も行っています。

収入のない人に融資をすることは、非常に勇気がいることです。(貸し倒れしたら大変ですからね・・・)消費者金融は法律でそうした人への融資を禁止されていますが、法律で禁止されていなくても、専業主婦にお金を貸すのはためらうのが普通です。

しかし、銀行の場合はそれぞれの判断によって自由度高く融資ができますから、楽天銀行スーパーローンのように、専業主婦に対しても、審査をした上で貸出をおこなっているのです。

もちろん、お金を貸しても返ってこないと思える人に貸す人はいません。銀行は専業主婦やブラックの人にも融資をしますが、その分キチンと審査をする金融機関であることを忘れてはいけません。

最近の銀行は審査が早い

これまで、

と言われてきました。しかし、最近はそうでもありません。口コミを見ていても、銀行カードローンの審査が即日終わったとの意見をよく聞きます。

例えば、新生銀行が運営しているレイクは、平日14時までにすべての手続が終われば、即日融資が可能です。また、セブン銀行カードローンも最短10分で審査が終わります。

なんとなく敷居が高く感じられる銀行のカードローン。審査基準が厳しいからと言って、そこまで警戒する必要はないと思います。

イオンカードセレクト