東京スター銀行

東京スター銀行

魅力的な金融商品を幅広く取り扱っており、総合的な資産運用ができる東京スター銀行は、東京に本店を構える地方銀行です。

東京スター銀行の中でも特に人気がある商品は、なんと言っても「円預金」です。さまざまな種類の円預金の中でも、1週間という超短期でありながら好金利である「スターワン1週間円預金」は非常に人気が高く、利用している人も多いです。

主な特徴

スターワン1週間円預金は好金利

東京スター銀行の中でも人気があるのは「スターワン1週間円預金」です。
1週間ごとに満期を迎える超短期の預金なのにこんなに金利が付いていいの?と言いたくなるくらい魅力的な好金利となっています。

スターワン1週間定期預金
2016年2月10日現在

東京スター銀行自身がスターワン1週間円預金に非常に力を入れているようなので、今後も好金利に期待したいですよね。

普通預金はいざというときすぐ出金できますが、ほとんど利息は付きません。
それに対し、1週間円預金であれば、急にお金が必要になった時でも、最長でも1週間待てば満期を迎えて出金できる、非常に便利な定期預金です。

普通預金感覚で利用でき、受け取れる利息は定期預金並みなので、スターワン1週間円預金は多くの人に支持されており、「東京スター銀行の目玉となるサービス」となっています。

なお、スターワン1週間円預金は10万円から1円単位での受付となります。

金利がUPする右肩上がり円定期

右肩上がり円定期

スターワン1週間円預金に次いで東京スター銀行で評判なのが、「右肩上がり円定期」という仕組み預金です。

右肩上がり円定期の特徴は、預入期間中に、最高2回金利がUPすることです。
仕組み預金なので、原則中途解約はできませんが、預入年数が経過するごとにもらえる利息がUPするので、好金利での運用が期待できます。

いずれも、最高2回金利がアップします。

右肩上がり円定期の特徴や注意点をまとめると以下のようになります。

「スターワン1週間円預金」や「右肩上がり円定期」。
いずれも円預金に強みを持つ、東京スター銀行ならではの好金利が特徴です。

円普通預金の金利はネット銀行なみ

円普通預金の金利は、メガバンクと比較してやや高めの設定となっています。
金利は、ネット銀行の標準程度といったところです。

東京スター銀行は地方銀行ですが、ネットバンキングも完備されているので、利便性においても金利面においても、実質的にはネット銀行と変わりません。

普通預金利息
2016年2月10日現在

また、定期預金にはほかにも次のような商品があります。

最も一般的なのは、1円から定期が組める「スターワン円定期預金」です。
ラダリング円定期預金」は、10万円からの受付となりますが、スターワン円定期預金の約2倍の金利が付くので、10万円以上の定期を組む場合は、ラダリング円定期預金の選択をおすすめします。

最新の預金金利はこちらをご覧ください。

振込手数料はネット経由がおすすめ

振込手数料はネット銀行の標準レベルです。
東京スター銀行には店舗窓口やATMがあるので、そちらでも振込ができますが、インターネットバンキング「東京スターダイレクト」経由での振込がもっとも手数料が安いです。

■ネットバンキング「東京スターダイレクト」からの振込

ATM手数料は月8回まで実質無料

東京スター銀行のもう一つの強みとして、ATM手数料が実質無料で利用できる点があげられます。(月8回まで、キャッシュバックでATM手数料を返金)

ゆうちょ銀行、セブン銀行、その他MICS表示のある全国の銀行と提携しているため、近くに東京スター銀行のATMがなくても入金・出金できます。

■入金に使えるATM

■出金に使えるATM

キャッシュバックの上限である月8回を超えると、9回目からは所定の手数料がかかります。ちなみに、東京スター銀行の主要店舗に設置してあるATMは原則として24時間365日利用可能です。

東京スター銀行の豆知識

東京スター銀行に関する豆知識的な情報をまとめました。

預金連動型の住宅ローンも展開

rakuten-bank-11

東京スター銀行のスターワン住宅ローンは「預金連動型」という独自の仕組みを導入しています。

通常は、住宅ローンの金利負担を減らすために、お金に余裕ができると「繰上返済」をすることになります。

しかし、東京スター銀行住宅ローンの「預金連動型」では、預金残高と同額の住宅ローン金利を0%にするという画期的な仕組みとなっており、繰上返済をしなくても銀行口座に入金するだけで実質的な繰上返済と同等の効果を生むことができます。

もちろん、お金が必要になったらいつでも引き出せるので安心です。

繰上返済をしてしまうと手元のお金はなくなりますが、スターワン住宅ローンでは、手元のお金を残したまま繰上返済の効果だけが得られます。

住宅ローン金利については、ネット専業銀行と比較して決して低いとは言えませんが、事務手数料は10万円+税、繰上返済手数料も0円なのでトータルで見た場合のコスト競争力がある住宅ローンです。

→住宅ローンの相談予約・資料請求はこちら(無料)

ホームページの情報は一見の価値あり

東京スター銀行のホームページには「目からウロコ 納得のお金学」を始めとする、お金や資産運用に関する情報が充実しています。

お金学には、「定期預金のカシコイ預け方」や、「原理原則をふまえた資産運用」といったお金の知識に関するコンテンツが掲載されています。

また、ライブラリーというコンテンツには、「インフレの歩き方」や「ボーナス運用の鉄則は高く、長く、そしてはやく」、「お金の寿命を延ばす工夫」など、定期的にお金に関する話題をわかりやすく取り上げているので、非常に面白いです。

東京スター銀行の店舗はファイナンシャル・ラウンジ

以前から街を歩いている時、「東京スター銀行の店舗はとても広いなぁ」と思って外から見ていたのですが、調べてみると意外なことがわかりました。

東京スター銀行の店舗のほとんどは、「ファイナンシャル・ラウンジ」という名前が付けられているのです。

広々とした店舗は、資産運用やローン、保険の見直しなど、お金に関する相談にのってくれるための「ファイナンシャル・ラウンジ」だったのです。この点は、他の銀行窓口とは大きく違う点だと思います。

また、リアル店舗をしっかり構えている点は、ネット銀行にはないメリットです。店舗で気軽に相談できたり、ホームページのお金に関する情報も含め、東京スター銀行は資産運用のプロフェッショナルなイメージがあります。

イオンカードセレクト