ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行

ヤフオクと相性抜群のネット銀行です。

ジャパンネットはYahoo!JAPANと三井住友銀行が共同で設立した、安心して使えるネット銀行です。

国内初のネット銀行として誕生し15年以上が経ちますが、これまでに大きなトラブルは一度も起きていません。

また、ヤフオク!公認のネット銀行としても知られており、ヤフオクの落札代金をジャパンネット銀行から支払うと1%のTポイントが貯まる特典があります。

ネット銀行と言うとセキュリティ面での不安を感じる方もいると思います。

しかし、ジャパンネット銀行はいち早くハードウェアタイプのセキュリティトークンを導入した実績があります。

現在では、ハードウェアタイプのセキュリティトークンは業界標準となり、最も安全性が高いセキュリティの一つであると言われていますが、ジャパンネット銀行は他社に先駆けてこの方法を導入していました。

こうした実績からも、「ネット銀行だから不安」ではなく「ネット専業だからこそ高いセキュリティを提供している」というのが正しい理解だと思います。

口座開設はとても簡単で、15歳以上の方であればすぐにジャパンネット銀行の口座を作ることができます。

→ジャパンネット銀行 カードローンの情報はこちら

ヤフオク利用でTポイントを還元

Tポイント

ヤフオクで商品を落札した時、「ジャパンネット銀行支払い」を選択すると、落札代金の1%のTポイントがもらえます

つまり、ヤフオクの落札代金からさらに1%割引を受けた状態で商品を購入することができます。

あらかじめYahoo!ウォレットにジャパンネット銀行の口座番号を登録しておくことで、ヤフオク!でYahoo!かんたん決済「ジャパンネット銀行支払い」が使えるようになります。

Tポイントを現金と交換

ジャパンネット銀行のあまり知られていない情報です。

実は、ジャパンネット銀行はTポイントを現金と交換できる唯一の銀行だったりします。

Tポイントの使いみちに困っている場合も、ジャパンネット銀行の活用メリットがあります。

JNB VisaデビットでATM手数料が爆安に

カードショッピング

ジャパンネット銀行の大きなメリットの一つとして「JNB Visaデビットカード」の存在があります。

すでにジャパンネット銀行のすべてのキャッシュカードにVisaデビット機能が付いています。デビットカードは銀行口座からの即時引落によって支払いをする方法です。

簡単に言うと、銀行口座から現金を引き出さなくても、JNB Visaデビットを使ってカード支払いをすることで、銀行口座から直接支払いができる仕組みです。

VISAが使えるお店は本当に多いので、日常生活のあらゆる場所でカード支払いができるようになります。

JNB Visaデビットカードを使う最大のメリットは、ATM手数料を節約できることです。

カード支払い中心の生活にすることで、自然と現金が必要となるシーンが減るので、財布の現金をほとんど減らさずに生活できます。

よって、ATMからお金を下ろす回数も減り、その結果ATM手数料が節約できるという流れです。

ちなみに、微々たるものですがJNB Visaデビットカードを使って支払いをすると500円ごとに「1JNBスター」が付与されます。JNBスターは1ポイント=1円で交換できますが、還元率を考えるとかなり低いですね。。。

審査なしで誰でも作れるキャッシュカード一体型

JNB Visaデビットカードは、コンビニやスーパーはもちろん、ネット通販や海外のお店でも「VISA」マークがあればどこでも使えるので、クレジットカードの代わりとしてもおすすめです。

しかし、Visaデビットはクレジットカードとは仕組みが違うので、審査なしで誰でも作れます

ジャパンネット銀行の口座が15歳以上の方であれば開設できるので、未成年の方でもデビットカードを使ってクレジットカードと同様の支払いができるのです。

デビット機能には「第三者不正使用保険」が付いているので、万が一紛失や盗難によって不正利用されても、1口座あたり年間500万円までを補償してくれます。

「第三者不正使用保険」のおかげで、日常生活で財布の中に入れて持ち歩いても安全に使うことが可能です。

使いすぎが心配な人は自分で「利用限度額の制限」を設定することもできるので、「1日1,000円まで」などと決めておけば、使いすぎることもありません。

JNB Visaデビットカードは、ジャパンネット銀行のキャッシュカードと一体型になっているため、年会費や手数料も不要です。

ネット通販を安心して利用できるカードレスタイプも

JNB カードレスVisaデビット

JNB Visaデビットカードはキャッシュカード一体型ですが、ジャパンネット銀行はそれとは別にJNB カードレスVisaデビットも提供しています。

こちらはネットの口コミでも、ネット通販やゲーム課金での支払いが不安な時に役に立つと評判です。

ジャパンネット銀行のウェブサイトから最大4枚のバーチャルカードを発行することができ、それぞれのカードに番号が付与されます。

この番号はいつでも廃止したり、新しい番号に再発行することができます。

例えば、あまり信用できない海外の通販サイトで買い物をするときに自分のデビットカード番号を教えたくない。そんな時に、JNB カードレスVisaデビットで新番号を発行し、買い物が終わったらすぐにその番号は使い捨てにして廃止してしまえば、番号が漏洩しても不正利用される心配はありません。

もちろん、JNBカードレスVisaデビットの利用も無料です。

預金金利は普通

ジャパンネット銀行の「普通預金金利」は預金金額によって変動します。メガバンクと比較すると約2倍~4倍の利息が付きますが、ネット銀行の中では普通ぐらいです。

普通預金利息

定期預金」も同様に、口座の預金金額によって金利が変わります。
メガバンクと比較すると約3倍程度の利息が付きます。

定期預金利息

最新の預金金利はこちらをご覧ください。

振込手数料はメガバンクと比較にならないほど安い

振込手数料はメガバンクと比較すると比べ物にならないぐらい安いです。

また、ジャパンネット銀行は三井住友銀行系の銀行なので、「本人名義の三井住友銀行あて」に限り振込手数料は0円となっています。

これまで都市銀行や地方銀行のネットバンキングを使っていた方であれば、ジャパンネット銀行経由の振込に切り替えるだけで、振込手数料は大きく削減することが可能です。

コンビニATMが毎月1回無料

ジャパンネット銀行のキャッシュカード

預金の入金・出金は提携ATMを通じて行います。

ジャパンネット銀行が提携しているATMは5種類です。

ATMの利用手数料は、入金・出金それぞれ毎月1回は無料です。
2回目以降は、取引額が3万円以上なら無料、3万円以下なら150円+税の手数料がかかります。(ゆうちょ銀行ATMは手数料300円+税)

なお、ATMからの振込は「三井住友銀行」しか使えませんが振込手数料は高いです。というのも自宅のパソコンやスマホからでも振込はできるので、そもそもATMの実機を使って振込手続きをする必要性がないからです。

預金が3,000万円を超えるとATM・振込手数料が無料に

ハードルは高めですが、前月の預金平均残高(円普通預金、円定期預金)が3,000万円以上になると、ATM手数料・振込手数料が無料になります。

ATM手数料:何度でも0円
※ゆうちょ銀行ATMで3万円未満の取引は対象外

振込手数料(ジャパンネット銀行あて):何度でも無料
振込手数料(他行あて):毎月5回まで無料

あくまでも3,000万円以上の預金ができることが条件となりますが、この優遇特典を受けることができれば、ジャパンネット銀行の利用メリットは大きく向上します。

業界トップクラスの外貨預金手数料

外貨預金

ジャパンネット銀行は業界でも外貨預金の取扱をスタートするのが遅かったです。しかし、最後発というだけあって外貨預金の為替手数料・金利はトップクラスのスペックを誇ります。

特に米ドル預金の為替手数料が安く、メガバンクの20分の1(つまり95%OFF)の手数料で外貨預金ができます。

また、預金金利をさらに優遇した「外貨定期預金」についても、1ヶ月ものから最長1年ものが用意されています。

ジャパンネット銀行 外貨預金の為替手数料

すべての公営競技が利用OK

公営競技

ジャパンネット銀行では入会金や年会費が一切無料で、すべての公営競技を利用できます。土日を問わずいつでもインターネット経由で投票でき、配当金の受け取りもジャパンネット銀行の口座に直接入金されるので安心です。

競馬、競輪、ボートレース、オートレースの公営競技の他、ジャパンネット銀行ではBIG・totoといったサッカーくじの購入もおこなえます。

本店営業部はもう使えない

ジャパンネット銀行の支店番号「001」は「本店営業部」でした。個人口座やビジネスアカウントの法人口座を問わず、すべて本店営業部で統一されていましたが、残念ながらすでに口座数オーバーとなってしまい、本店営業部への口座開設はできません。

現在は、支店番号「002」の「すずめ支店」となります。名前がちょっとかっこ悪い(可愛い)のが難点です。

個人事業主や法人向けの口座を開設する場合は、「005」の「ビジネス営業部」も利用可能です。

営業店舗が一店舗だけ存在する

ネット銀行の多くは無店舗型の経営をおこなっています。
ジャパンネット銀行も例外ではなく、全国に実店舗は存在しません。

しかし、東京に1店だけ「本店営業部窓口」という店舗があります。
住所は「東京都新宿区西新宿2-1-1」で9時~15時の営業、土日祝日はお休みです。

投資信託に注目

ジャパンネット銀行はYahoo!JAPANとの連携しているネット銀行です。

現在、ヤフーは金融商品の開発に力を入れており、人工知能(AI)を活用した投資信託の販売を計画しています。

ヤフーが持つビッグデータを使った最先端の投資信託は、当然ジャパンネット銀行が取扱うことになると思うので、今後の展開にも期待したいところ。ヤフーの投信は2016年の秋ごろにリリース予定です。

トークンによる高いセキュリティ

トークン

ジャパンネット銀行のセキュリティはネット銀行の中でもトップクラスの安全性を誇ります。

口座開設をすると、「トークン」というデジタルキーが無料で送られてきます。トークンには6ケタの数字が表示されており、この数字は1分ごとに変更され、また1つの取引で1回しか使えないワンタイムパスワードとなっています。

トークンを使うことで高いセキュリティが実現します。インターネットからの振込や各種手続きをおこなう時には、トークンに表示されている数字をワンタイムパスワードとして入力しなければなりません。

このパスワードは常にジャパンネット銀行のサーバーと同期しており、仮にログインIDやパスワードを第三者に知られてしまっても、このデジタルキーを使うことで安全に取引をすることが可能です。

トークンの仕組みはよくわかりませんが、まれに数字にズレが生じたり故障することがあるようです。万が一トークンが故障した場合は、ジャパンネット銀行にトークンを返却すれば無償交換、紛失してしまった場合は1,000円+税の再発行手数料が必要です。

3重のセキュリティ設定

セキュリティ

セキュリティは最大で3重に設定できます。
ログインIDは、自分の好きなIDを設定できますが、任意なので設定しなくてもOKです。

その他にも、振込限度額やATM出金限度額の設定、キャッシュカードやトークンのロックなどがいつでもネットから変更可能です。

セキュリティを最重要視したい方は、普段はキャッシュカードをロックしておいて、出金する時だけ携帯電話を使ってロックを解除する。という方法を取れば完璧です。

15歳以上ならネットですぐ口座開設できる

学生

ジャパンネット銀行は15歳以上であれば誰でもすぐに口座開設ができます。15歳以上の方は親権者の同意は不要なので、自分の意思で口座開設の申込が可能です。

口座開設の方法も簡単で、ジャパンネット銀行の申込フォームに必要事項を記入し、その後スマホアプリで本人確認書類(運転免許証や健康保険証など)を送信するだけで完了します。

口座開設までの日数(ジャパンネット銀行のキャッシュカードが手元に届くまでの日数)は、

となっており、ネット経由で申込をする方法が最も速いです。口座開設には印鑑なども一切不要です。

申込が完了したら、最短5日で転送不要の簡易書留でキャッシュカード(Visaデビットカード一体型)とトークンが届くので、すぐにネット銀行を使うことが可能です。

ジャパンネット銀行