資産運用

【しっかり運用セットNEO】投資信託+定期預金が本当にお得か解説します

定期預金+投資信託

「特別金利 年7%」。こんな数字を見ると心が踊りますよね。

定期預金でも年1%の利息も得られない時代ですから、年7%と聞いて注目してしまうのも無理はありません。

しかし、「特別金利 年7%」のようなありえない数字には2つのからくりがあります。

  • 3ヶ月もの定期預金であることが多い
  • 投資信託の販売とセット

1つめのからくりは「3ヶ月もの定期預金であることが多い」という事実です。

年7%の金利で100万円を1年間運用すれば、7万円の利息がもらえます。しかし、定期預金の特別金利は3ヶ月間限定なので、100万円預けても実際に受け取れる利息は17,260円(税引前)となります。

2つめのからくりは、この手のキャンペーンは大抵「投資信託の販売とセット」であることです。

銀行が投資信託を売るために、その営業ツールとして「特別金利 年7%」として使っています。

定期預金のお得なキャンペーンというよりも、銀行にとって「投信販売をしたい」という究極の目的があることがほとんどです。

では、投資信託+定期預金のセット販売は本当にお得なのか。今回はその秘密に迫ります。

代表的な例として、イオン銀行が展開している投資信託+定期預金のセット商品「しっかり運用セットNEO」を調査しました。

しっかり運用セットNEOとは

投信販売

しっかり運用セットNEOとは、イオン銀行が展開している投資信託+定期預金のセット商品です。

募集期間によって若干内容は異なりますが、概ね以下のようなラインナップになっていると思います。

セット70
申込総額の70%を投資信託にすることで、3ヶ月もの定期預金の特別金利 年7%を適用

セット50
申込総額の50%を投資信託にすることで、3ヶ月もの定期預金の特別金利 年5%を適用

セット30
申込総額の30%を投資信託にすることで、3ヶ月もの定期預金の特別金利 年3%を適用

3ヶ月ものとは言え、定期預金のキャンペーン金利は魅力的です。

しかし一方で、投資信託購入時の「手数料」も考慮しなければなりません。

投資信託で必要な手数料

投資信託を購入する時、頭に入れておかなければならない手数料は3つです。

  • 購入時手数料
  • 信託報酬(毎年必要)
  • 信託財産留保額(解約時手数料)

購入時手数料

投資信託の購入手数料です。
商品によって手数料はまちまちですが、少ないものだと「手数料0円(通称:ノーロード)」のものもありますし、高いものだと「手数料:3%+税」のものもあります。

仮に購入時手数料3%の投資信託を買ってしまうと、その時点で定期預金のキャンペーン金利は大きく目減りしてしまいます。

資産運用の観点から言っても、大前提として「手数料0円(通称:ノーロード)」を選ぶのがおすすめだという意見は、多くの投信ブロガーの意見を見ても共通しています

信託報酬

信託報酬は、資産運用会社等に支払う報酬のことです。年率◯%という形で毎年定期的に発生する手数料となります。

例えば、信託報酬が1%の投資信託の場合、1年間の運用リターンが3%の場合は実質2%のリターンに、逆に1年間の運用結果がマイナス1%の場合は、実質2%のマイナスになります。

投資信託は必ず儲かるというものではなく、短期的には1年間の運用結果がマイナスになることもありますが、信託報酬は儲かっても損をしても関係なく、毎年一定料率が徴収されます。

基本的に投資信託は長期の運用が前提となりますが、信託報酬が1%の商品の場合、3年間の運用で実質的には3%の手数料が取られているのと同じです。

信託報酬0%という商品は存在しませんが、信託報酬も可能な限り小さいものを選ぶことをおすすめします。

信託財産留保額

投資信託を解約する場合に支払う「解約手数料」のようなものです。

信託財産留保額は0円の商品もありますが、購入時手数料と合わせてチェックしておくようにしましょう。

イオン銀行のしっかり運用セットNEOを評価する

イオン銀行

上記を踏まえて、「購入時手数料0円、信託財産留保額0円、信託報酬が格安」という3つの条件で、イオン銀行の「しっかり運用セットNEO」対象商品を評価してみました。

すると、ビックリすることに上記の条件にマッチする投資信託が一つもありませんでした。。。

つまり、イオン銀行の「しっかり運用セットNEO」は購入時手数料0円(ノーロード投信)は対象外だと言うことです。

購入手数料が最も安いもので「2%+税」となっており、つまりキャンペーン金利のほとんどは投信購入手数料で消えることになります。

申込総額100万円で、購入手数料2%、信託報酬1%の商品を選んだ場合

セット70
申込総額の70%を投資信託にすることで、3ヶ月もの定期預金の特別金利 年7%を適用

3ヶ月もの特別金利(30万円):+5,178円
投信購入手数料(70万円):-14,000円
信託報酬(70万円):-7,000円
トータル:-15,822円

セット50
申込総額の50%を投資信託にすることで、3ヶ月もの定期預金の特別金利 年5%を適用

3ヶ月もの特別金利(50万円):+6,164円
投信購入手数料(50万円):-10,000円
信託報酬(50万円):-5,000円
トータル:-8,836円

セット30
申込総額の30%を投資信託にすることで、3ヶ月もの定期預金の特別金利 年3%を適用

3ヶ月もの特別金利(70万円):+5,178円
投信購入手数料(30万円):-6,000円
信託報酬(30万円):-3,000円
トータル:-3,822円

いかがでしょうか?
これが、「定期預金のキャンペーン金利をおとりに投信を売る」という銀行が積極的に行っている「投資信託+定期預金」の営業手法です。

いいように言い換えれば、「投資信託の手数料の一部を還元するキャンペーン(ただし低コストの投資信託は対象外)」ということです。

元から投資信託を買うつもりなのであればこのキャンペーンに乗るのもありですが、定期預金の利率に魅力を感じて投資信託を買おうとしているのであれば、「やめておいたほうが良い」とハッキリ断言できます。

それに、しっかり運用セットNEOの対象商品になっているような高コストな投資信託を買わなくても、もっと低コストで良い投資信託は世の中にたくさんあります。

管理人がおすすめする投資信託

積立

最後に、管理人がおすすめする投資信託をいくつか紹介します。

しっかり運用セットNEOにこだわるなら

どうしても「しっかり運用セットNEO」にこだわりたいなら、下記の投資信託が良いと思います。

ひふみプラス
独立系投信会社のレオス・キャピタルワークスが運用する国内外の上場株式を投資対象とした、アクティブファンドです。

ひふみ投信は国内のアクティブファンドの中でも低コストで運用されており、また好成績をあげていることで有名です。個人投資家人気が高いので、「しっかり運用セットNEO」で購入する投資信託としては一番良いと思います。

購入時手数料:2.16%
信託報酬:年率1.06%
信託財産留保額:0円

ニッセイ J-REITファンド(年1回決算型)
J-REIT(上場不動産投資信託)を投資対象としたアクティブファンドです。

J-REIT自体が不動産から得られる賃料収入をベースとした商品なので、ミドルリスク・ミドルリターンの投資信託として良い方だと思います。

購入時手数料:2.16%
信託報酬:年率1.09%
信託財産留保額:0円

イオン銀行で扱っている投資信託

続いて、「しっかり運用セットNEO」の対象外ですが、イオン銀行で扱っている投資信託の中で良いと思えるもの。

SMT(三井住友トラスト・アセットマネジメント)か、Funds-i(野村アセットマネジメント)のインデックスファンドは比較的低コストなので、どれを選んでも大きく外すことはありません。

SMT グローバルREITインデックス・オープン
三井住友トラスト・アセットマネジメントが手がけるインデックスファンド。

S&P先進国REIT指数(除く日本、配当込み、円換算ベース)に連動した動きをし、主要国の不動産投資信託を投資対象としています。

購入時手数料:0円(ノーロード)
信託報酬:年率0.59%
信託財産留保額:0.05%

SMT グローバル株式インデックス・オープン
MSCIコクサイ・インデックス(円ベース)に連動した動きをするインデックスファンドです。

日本を除く世界主要国の株式に分散投資を行うため、世界の経済成長の恩恵を受けられる投資信託らしい商品です。

購入時手数料:0円(ノーロード)
信託報酬:年率0.54%
信託財産留保額:0.05%

コモンズ 30ファンド
独立系の運用会社であるコモンズ投信のアクティブファンドです。

厳選した30銘柄程度に分散投資。パフォーマンスが良いわけではありませんが、独立系ということで個人投資家に人気です。

購入時手数料:0円(ノーロード)
信託報酬:年率1.35%
信託財産留保額:0円

本当にいい投資信託

投資信託のラインナップが最も多いのは、やはり証券会社です。たとえば、ネット証券業界大手のSBI証券には常時2,000本以上の投資信託があります。

銀行はあくまでも定期預金やローンが主力商品であり、投資信託の販売に関してはまだまだ弱く、あまりいいものが揃っているとは言えない状況です。

証券会社は以前から投信販売を主力としているため、商品の品揃えも銀行の20倍以上あり、「あまり宣伝されていないけど本当に良い投資信託」も多数扱っています。

イオン銀行の「しっかり運用セットNEO」の対象商品からは考えられないほど低コストなインデックスファンドは、下記のサイトで明らかにしていますので、興味のある方は一読ください。
信託報酬が安いと評判の投資信託5選!低コストなインデックスファンドは?

資産運用についてさらに詳しく