資産運用

楽天スーパーポイントを使って100円から積立ができる楽天証券の投資信託

楽天スーパーポイントで投資信託を購入

投資信託を活用して資産運用を始める人が増えています。

しかし、投資未経験者にとってリスクが伴なう投資信託は手が出しづらいものです。株式投資や投資信託は最悪の場合、元本割れが生じることもあります。

こうした問題を解決すべく、証券会社はこれまで最低1万円は必要だった投資信託の購入金額を1,000円、そして100円に小口化しています。

中でも、ネット証券大手の楽天証券は楽天スーパーポイントを使って100ポイントから投信積立ができるサービスを提供しており評判です。

楽天スーパーポイントでの投信積立であれば、もし元本割れになってしまっても失うのはポイントだけで済むので、お金を失うことに不安を感じる方でも投資のきっかけを掴みやすいサービスだと思います。

楽天スーパーポイントの使い道として

楽天スーパーポイント

100円から投資信託の購入・積立ができるだけでなく、楽天スーパーポイント100ポイントから投信購入・積立ができるのが、楽天証券の大きなメリットです。

ポイントで投資信託が購入できるサービスは、すでにセゾンカードが実施しています。

しかし、セゾンカードが提供している投資信託のポイント購入サービスは「アクティブコース」「バランスコース」の2種類しか選択できません。

一方で、楽天証券のサービスは楽天証券が取り扱う2,400本以上の投資信託から、ポイントを使って自分が気になった投資信託に投資できるのです。

  • 将来的にインドが成長しそうだからインドに投資したい
  • 話題のAIに投資をしてみたい
  • これからは電気自動車の時代だ
  • 任天堂Switchが大ヒットしそう

など、これから流行ると思うものや、自分が興味のある分野に対して、投資信託を通じて100円(または100ポイント)から投資ができます。

楽天証券のポイントを使った投資信託の購入サービスは、楽天スーパーポイントの使い道としても重宝します。

楽天スーパーポイントを楽天市場での買い物に使っている人は多いと思いますが、楽天市場を利用する機会が少ない方は、他社のポイントサービスと交換するなどして貯めたポイントを消費していると思います。

しかし、ポイントを使った投資信託の購入サービスなら、余ったポイントを100円から投資信託の購入に回せるので、効率よくポイントを使うことが可能です。

期間限定ポイントの利用は不可

ただし、楽天市場などで付与される「楽天スーパーポイントの期間限定ポイント」は投資信託の購入には利用できません

有効期限が決まっている期間限定ポイントはたしかに使い道に困りますが、これは仕方ないですよね。

投資信託を保有するとポイントがもらえる

服を選ぶ女性

楽天には「ハッピープログラム」という会員サービスがあります。

事前エントリーが必要ですが、ハッピープログラムに参加すると、

  • 楽天銀行のATM手数料・振込手数料が無料に
  • 楽天グループの取引に応じてポイントがもらえる

といったメリットがあります。
ハッピープログラムの参加は無料なので、楽天グループのサービスをよく利用する方は必ずエントリーしておきたいところ。

このハッピープログラムのサービスの1つに「投資信託の保有残高に応じて楽天スーパーポイントを付与」というものがあります。

実はこれが非常に強力で、楽天証券で投資信託を10万円保有するごとに毎月4ポイントがもらえます

つまり、楽天証券で投資信託を購入すると、保有し続ける限り10万円で毎月4ポイント(年間48ポイント)、20万円分なら毎月8ポイント(年間96ポイント)が貯まります。

これを年率リターン(金利)に換算すると0.048%となります。

最近では、定期預金に預けても0.1%の金利も付きませんが、その約半分に相当する利息が、楽天証券で投信を保有するだけで定期的に得られるのです。

ハードルは高いですが、例えば楽天スーパーポイントを10万ポイント貯めて投資信託を買えば、ハッピープログラムを通じて年間48ポイントが付与されます。

ハッピープログラムから得たポイントを使ってさらに投資信託を購入すれば、実質0円で投資信託の保有残高を増やせる「わらしべ長者」的な利用も可能です。

楽天証券のおすすめ投資信託は?

アクティブファンドとインデックスファンドの違い

投資信託の購入経験がない人は、あまりに多すぎる投資信託の数に圧倒されてしまうと思います。

楽天証券は国内最大級となる2,400本以上の投資信託をラインナップしています。実はこの数は、業界大手の野村證券や大和証券よりも多いです。

しかし、本当におすすめの投資信託は実は限られています。それは、下記の3つの条件に当てはまる投資信託です。

良い投資信託 3つの条件

1.インデックスファンドを選ぶ
インデックスファンドとは、日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)など特定の指数に連動するタイプの投資信託のことを言います。

対するのがアクティブファンドと呼ばれるタイプの投資信託です。しかし、アクティブファンドはコストが高くおすすめできないというのが多くの投資家の共通意見となっています。

2.信託報酬が0.5%以下
信託報酬は資産運用会社に支払う手数料です。投信保有期間中は「年率」で毎年発生します。0.1%が大きな差につながりますので、信託報酬0.5%以下の低コスト投資信託がおすすめです。

3.購入時手数料0円
購入時手数料が0円の「ノーロード」ファンドがおすすめです。

下記は、上記の条件を満たす投資信託で、楽天証券で購入できる投資信託の一例です。

  • ニッセイ日経225インデックスファンド
  • たわらノーロード 先進国株式
  • iFree 8資産バランス
  • 三井住友・DC日本株式インデックスファンドS
  • たわらノーロード 国内債券

これらの投資信託は、いずれも「低コスト・ノーロードなインデックスファンド」であり、良い投資信託の代表例として様々なブログや雑誌で見かけるものです。

また、例外ではありますが「ひふみプラス」という超人気のアクティブファンドもおすすめです。

ひふみプラスはアクティブファンドでありながら比較的低コストで運営されており、過去のリターンが驚異的であることから、投資信託ランキングでも常に上位を獲得しています。

ひふみプラスはもちろん、楽天証券での取り扱いがありますので100円(または100ポイント)から購入可能です。

ロボアドバイザーを使った投信選び

スマホを持つ女性

また、楽天証券が提供しているロボアドバイザー「ロボのぶくん」を使うことで、投資の初心者でも自分の適性に見合う、最適な投資信託を見つけることができます。

簡単な質問に答えるだけで、ロボアドバイザー「ロボのぶくん」が楽天証券で買える2,400本の投資信託の中からおすすめの5本をセレクトしてくれます。

ロボのぶくんの利用は無料ですが、楽天証券の総合口座を開設している人だけが利用できるサービスとなっています。

楽天証券との連携「マネーブリッジ」がアツい

楽天スーパーポイントを使った投資信託の購入ができるのが、楽天証券の大きな強みとなっています。

今後、楽天証券を活用して、これまで投資をした経験がない方の投資信託の購入が進んでいくのではないかと私は考えています。

また、楽天証券は楽天銀行との連携サービス「マネーブリッジ」がとても強力です。

マネーブリッジは、楽天証券と楽天銀行を連携させることで、楽天銀行の普通預金金利を年0.1%に優遇するサービスです。

低金利の時代ですから、年0.1%の金利は定期預金を探しても見つけるのが難しいです。しかし、マネーブリッジを使えば、いつでも自由に引き出せる「普通預金」で0.1%という高金利での運用が可能となります。

もちろん、普通預金はペイオフ(預金保険制度)の対象なので、万が一楽天銀行が破綻しても1,000万円までは国が補償してくれます。つまり元本保証のサービスです。

楽天銀行・楽天証券ともに口座開設は無料で、マネーブリッジ自体も無料で利用できるノーリスクなサービスなので安心です。

楽天スーパーポイントを使って投資信託を購入する → そこから発生した投資信託の分配金などはマネーブリッジによって年0.1%で運用できる → ある程度お金が貯まったら投資信託を追加購入する → 得られる分配金が増える

楽天証券でポイントを使った投資信託が買えるようになったことで、このような好循環を生み出しやすくなるはずです。

楽天証券の口座開設はこちら(無料)

この記事と関連するページ