銀行マンを信用するな!おすすめされた投資信託を買ってはいけない理由

資産運用の相談

少しお金に余裕が出てくると、対面の銀行窓口に資産運用の相談に行ったり、逆に銀行員が自宅に訪れて商品を提案してくれるケースも出てきます。

特に定年退職をした方は、退職金をどのようにして運用すれば良いのか迷っている方も多いでしょう。

しかし、ここで一言いわせてください。そういう人は銀行員の格好の餌食です。つまり「カモ」です。

銀行マンの上手な営業トークに騙されて、大切な退職金を失ってしまわないよう、ご自身で資産運用の勉強をすることをおすすめします。銀行さんってニコニコしていても本当に怖いですから。。。

銀行員がおすすめしてくる商品

証券レディ

銀行の資産運用相談に行っても、親身になって相談に乗ってくれるということはありません。あくまでも、自社の商品をおすすめするきっかけにしかすぎません。(例えば、天地がひっくり返っても、三井住友銀行がみずほ銀行の商品をおすすめすることはありえないですよね…)

銀行の営業担当がおすすめしてくる商品には以下のようなものがあります。

また、最近はファンドラップ(ラップ口座)などが銀行が紹介する主力商品になっていたりします。

ファンドラップ(ラップ口座)についての詳しい説明はここでは差し控えますが、投資信託と同じだと考えてください。

定期預金や外貨預金は検討の余地あり

外貨預金

銀行マンあおすすめしてくる上記の商品のうち、定期預金と外貨預金については検討する価値があります

なぜなら、預金商品は銀行が最も得意とするものだからです。証券会社も保険会社も預金商品は販売しませんから、定期預金や外貨預金は銀行ならではの商品です。

特に円定期預金は元本保証なので、安全な資産運用の方法としては悪くありません。ただ、できることならどの銀行の定期預金がもっとも高金利か比較することをおすすめします。

外貨預金についても同じです。外貨預金は「金利」と「手数料」を比較するのがポイントです。

定期預金もそうですが、外貨預金の金利と手数料はネット銀行の優位性が大きいので、個人的にはネット銀行の外貨預金を選んだほうがメリットが大きいと思います。

事実、ネット銀行の為替手数料は大手銀行の半額以下ということも珍しくありません。

銀行マンがおすすめする投資信託に気をつけろ

投資信託

銀行マンがおすすめする商品で、最も気をつけたいのが「投資信託」です。

投資信託は銀行側の販売手数料も大きいので、あの手この手で様々な商品を紹介されると思います。

定期預金や外貨預金であれば、営業トークに乗ってお付き合いで買っても大丈夫ですが、投資信託はお付き合いで購入するようなものではありません。

なぜなら、投資信託は定期預金などとは比べ物にならないくらい「リスクが高い商品」だからです。投資信託にも様々な種類がありますが、全般的にリスクが高めで、もちろん元本保証はありません。

資産運用の方法として投資信託を検討するのは良いと思います。しかし、投資信託の取り扱い数が多く競争力が高いのは証券会社であって、銀行の品揃えは少ないです。

もし投資信託を買うのであれば、証券会社を通じて購入した方がより良いものが見つかるはずです。

楽天証券などは2,000本以上の投資信託を取り扱っており、条件検索で希望に見合う投資信託が見つけやすいです。大手証券会社が扱っていない低コストの投信も扱っているのでおすすめです。

高い利回りに騙されないで

高利回り

投資信託でまず目を引くのが「運用利回り」です。

定期預金の何倍もの利回りを得られますし、これから成長が期待される新興国に投資するファンドも多いので、魅力的に見えてしまうのも無理はありません。

しかし、投資信託の中には高い利回りを維持するために無理なレバレッジをかけているケースや、資産を取り崩して分配金に充てていることもあります。

高い利回りの裏側には、高いリスクが潜んでいると疑ってかかるくらいでちょうど良いと思います。

ノーロードという言葉のワナ

ノーロード

銀行マンが投資信託をおすすめする時の営業トークで最も代表的なのは「ノーロード(手数料無料)」という言葉です。

投資信託は購入時に3%程度の手数料がかかるものがあります。リスクがあるのに購入する時に3%もの手数料が取られると聞けば、これまで定期預金でコツコツ資産運用してきた人にとっては抵抗があると思います。

そこで、「ノーロード(手数料無料)」という言葉が登場します。「こちらの投資信託はノーロードなので手数料が0円なんですよ。」これが銀行マンがよく使うテクニックです。

しかし、投資信託を選ぶ上で最も大切なのは「運用コスト」です。運用コストは「信託報酬」と呼ばれています。

信託報酬の話をしない銀行マンは信用するな

銀行の営業マン

購入時にかかる手数料は、一度支払えば終わりです。

しかし、投資信託の運用コストである「信託報酬」はあなたが投資信託を保有している間、毎年継続して発生する手数料のようなものです。

例えば、信託報酬が2%だとすると、仮にそのファンドが6%のリターンを出しても、あなたが得られるのは4%のリターンのみ、2%は投資信託の運営者の利益となります。

6%のリターンが出るなら2%くらい報酬で取られてもいいや…と思いませんでしたか?

しかし、ここで重要な視点は「6%のリターンは毎年保証されているものではない」ということです。投資信託はリスクのある商品ですから、マーケットが暴落すると、その年の運用成績が「マイナス3%」になることもあります。

しかし、もし運用成績が「マイナス3%」でも、信託報酬は必ず2%発生するので、言い換えればあなたは「5%の損失」を被っているのと同じことになります。

投資信託を選ぶ時は「信託報酬(運用コスト)」に目を向けることがとても大切です。

しかしなぜか、銀行マンは信託報酬の話を持ちださない。なぜなら、銀行マンが紹介する投資信託はいずれも、信託報酬が高いものばかりだからです。

しかし彼らは金融のプロフェッショナルです。信託報酬のことを知らないわけがありません。

少なくとも信託報酬の話をしない銀行マンや証券マンは信用するべきではありません

営業トークに乗せられるくらいなら、楽天証券などで自分の希望条件を入力して検索したり、ネットの投資信託販売本数ランキングを見て買ったほうがよほど良い投資信託を見つけられると思います。

新サイト「1億人の投資術 – 勝てる投資家になる方法」をリリースしました。

1億人の投資術

資産運用に興味のある人はこんな記事も見ています

イオンカードセレクト