資産運用

損しないで資産運用を体験するためにクレジットカードのポイントを使う

永久不滅ポイント

ネット銀行100の活用術をご覧の方は、資産運用にも興味があると思います。

低成長、低インフレ、低金利の「3低」と言われる時代ですから、銀行の定期預金にお金を預けていてもほとんど利息は期待できません。

一方で、これからは「3低」が終了しインフレが来るという意見もあります。私はこの意見に賛成しており、近い将来インフレが来ると予想しています。

インフレが来ると、銀行預金の金利も上がりますが、インフレ率を下回る運用を行っていると実質的には資産が目減りしてしまうことになります。

こうした流れから、資産の一部を運用に回すことは私自身もおすすめしたい財産の防衛策なのですが、資産運用は元本割れのリスクがあるため、敬遠している方も多いと思います。

「資産運用に興味がある、でも損するのは怖い」という方は、セゾンカードが提供している「クレジットカードのポイントを使って投資をする」ポイント運用サービスを活用してみるのもおすすめです。

ポイント運用サービスとは

資産運用

「ポイント運用サービス」とは、セゾンカードが展開している、永久不滅ポイントを使って資産運用をすることができる「資産運用の体験サービス」です。

セゾンカードは、クレジットカードの利用金額に応じて「永久不滅ポイント」というポイントを付与しています。

永久不滅ポイントは有効期限がないポイントサービスなので、じっくりと貯めたい方に人気です。また、永久不滅ポイントは1ポイントあたり約5円の価値があり、他社ポイントなどと交換することが可能です。

セゾンカードのポイント運用サービスは、100ポイント単位で、マネックス・セゾン・バンガード投資顧問の投資信託を疑似体験できます。

投資信託の運用に合わせて、投資したポイントが増えたり減ったりする仕組みです。

うまくいけば投資したポイントが増えます。これらのポイントは1ポイント単位で引き出せます。

もし損失となってしまった場合はポイントは減ってしまいますが、現金で損をしているわけではないので「ポイントで遊べたならまあいいか」と割り切れます。

もちろん、投資信託は一時的に値下がりしても、損益を確定せずにずっと保有し続けることもできます。有効期限のない永久不滅ポイントだからこそ実現できるサービスですね。

2つのコースで運用する

資産運用

セゾンのポイント運用サービスには2つのコースがあります。いずれのサービスも手数料は無料です。

アクティブコース
外国株式や外国債券といったリスクの高い資産で運用します。

公式サイトには「年間15%程度変動する可能性がある」と書かれていますが、より大きく値上がりすることもあるので、参考程度です。

バランスコース
国内債券をメインとして安定運用します。

安全性がかなり高いので、ポイントを使った資産運用でも着実に増やしたいという方におすすめです。

記事執筆時点(2017年2月)の過去6ヶ月間の実績は以下の通りです。
本来なら安定的な「バランスコース」ですが、マイナス金利の影響で値下がりしており、一方で「アクティブコース」は10%近いリターンが出ています。
ポイント運用サービス

マネックス・セゾン・バンガード投資顧問(通称:MSV)については、姉妹サイト「1億人の投資術」で詳しく解説しています。

マネックス証券のロボアドバイザー MSV LIFEで10万円の運用結果を公開

セゾンカードで人気が高いパール

セゾンパールアメリカン・エキスプレス

セゾンカードで特に人気が高いのは、セゾンパールアメリカン・エキスプレスカードです。

年1回の利用で次年度無料が無料となるため、「実質無料で使えるアメックスカード」として知られています。

アメリカン・エキスプレスカードは、上質なサービスを提供するステータスの高いカード、コストコの支払いでも使えるクレジットカードとしても有名です。

セゾンパールアメックスは、クレジットカード利用額1,000円ごとに1ポイント(5円相当)が貯まるため、実質的には0.5%のポイント還元率となります。

最短即日発行ができるので、申し込み時間帯によっては今日受け取れます。

カードのお申込みはこちら(無料)

他にも確実性の高い運用方法があります

iDeCo

その他にも、確実性の高い資産運用方法があります。

最近私が注目しているのが、iDeCo(個人型確定拠出年金)です。

iDeCoは、将来の年金を増やすために最低5,000円から毎月コツコツと積み立てるサービスです。

積立金額を、様々な投資信託商品と自由に組み合わせて運用していきます。中には「元本確保型商品」といってiDeCoで定期預金の運用をする安全な商品もあります。

私がiDeCoに注目している理由は、「もし投資で損失が出ても、iDeCoの節税額が圧倒的に大きいため、トータルで損する可能性が極めて低い」からです。

iDeCoは、政府の後押しによって生まれた仕組みです。よって、iDeCoの掛金は全額が所得控除になるので大きく節税することが可能となっています。

また、投資信託保有時の分配金や売却益は非課税、さらに将来年金を受け取る場合も「老齢給付金」として受け取るため、節税になります。

こうした確実性高い資産運用方法を生活に取り込んでいけば、将来インフレがきても恐れる心配はありません。

人気No.1 SBI証券のiDeCo

資産運用についてさらに詳しく