Q&A

セブン銀行やイオン銀行のATMで硬貨を入出金することは可能?

セブン銀行ATM

なぜコンビニATMは小銭が扱えないのでしょう?

500円だけ出金したい時ってたまにありますが、残念ながらコンビニATMでは、硬貨の入出金ができません。これは、コンビニATMを利用する上での大きなデメリットだと思います。

ATMを最も普及させているセブン銀行は、利便性を徹底的に追求した上で作られているのですが、それでもいまだに、硬貨の入出金には対応していません。

なぜ小銭を扱えないのか?
その理由がちゃんと公式サイトに書かれていました。

セブン銀行ATMで硬貨を利用できますか。

セブン銀行ATMでは紙幣のみのお取扱いとなります。
安定的にATMを稼動させるためにも硬貨を伴うお取引きはご利用いただけません。

おそらくコンビニATMは防犯上の理由だったり、省スペース・多機能であるがゆえに、小銭がすぐに足りなくなったり、一杯になってしまうのだと思います。(店員さんがATMを空けて小銭を補給するというのはさすがにできませんし。。)

では、セブン銀行で硬貨を下ろすにはどうすればよいか、その方法についてまとめます。

セブン銀行での硬貨の下ろし方

セブン銀行の提携ATM

前述の通り、セブン銀行ATMでは硬貨の取り扱いは行っていません。

よって、セブン銀行から小銭を下ろす場合は、セブン銀行が提携している(セブン銀行のキャッシュカードが使える)その他のATMを使います

セブン銀行の利用可能ATM
  • セブン銀行ATM
  • ゆうちょ銀行ATM
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行ATM
  • りそな銀行(埼玉りそな銀行)ATM

セブン銀行のキャッシュカードはゆうちょ銀行や三菱UFJ銀行、三井住友銀行などのATMでも利用可能です。

もしセブン銀行から1,000円以下の小銭を下ろしたい場合は、上記の提携ATMを使えば、硬貨だけを入金・出金できます。

ただし注意点として、セブン銀行では提携ATMを使って入金・出金するとATM手数料がかかるというデメリットがあります。(ソニー銀行ならセブンイレブンATM・イオン銀行ATMの手数料は完全無料です

下記の表は、セブン銀行のキャッシュカードを使ってゆうちょ銀行ATMを使った時のATM手数料です。
セブン銀行のキャッシュカードでゆうちょ銀行ATMを使うときの手数料

平日日中の時間帯であれば、100円+税で使えますが、休日や早朝・深夜時間帯は200円+税のATM手数料が必要です。

また、入金時・出金時ともに少なからず手数料がかかります。

三井住友銀行や三菱UFJ銀行、みずほ銀行、りそな銀行(埼玉りそな銀行)のATMも同様に、所定の手数料が必要です。

1,000円以下の硬貨を入金・出金する場合
セブン銀行ATM以外の提携ATMを使う。(ただし手数料がかかる)
1,000円以上の入出金する場合
平日日中の手数料が0円であるセブン銀行ATMを使うのがおすすめ。

セブンイレブンでのATM手数料を完全無料にする方法もあります。

詳しくは、「セブン銀行よりもセブンイレブンATMがお得に使える銀行」をご覧ください。

イオン銀行で硬貨を下ろすには

イオン銀行ATM

ネット銀行のイオン銀行も同様に、基本的にATMで硬貨の取り扱いはおこなっていません。

しかし、イオン銀行ATMについてはイオンモールなどの店舗内にある「イオン銀行店舗」のATMに限り、硬貨の利用が可能となっています。

イオン銀行ATMで硬貨の入出金はできますか?

イオン銀行の各店舗に設置されている一部のATMでのみ硬貨の出金がご利用いただけます。硬貨による入金は、ご利用いただけません。

※提携金融機関カードでの硬貨のお取引はできません。

銀行店舗に限定されるのは、やはり補給や防犯の問題があるからでしょう。

また、硬貨が使えるイオン銀行ATMも、利用可能な取引は「出金」だけに限定されます。また、最近はソニー銀行などがイオン銀行ATMに対応していますが、提携金融機関の場合は硬貨の取引はできません。

あくまでも、イオン銀行のキャッシュカードに限るということです。

イオン銀行で小銭を下ろすその他の方法

イオン銀行の提携ATM

イオン銀行のキャッシュカードも、イオン銀行ATM以外の提携ATMで使えます。

イオン銀行の利用可能ATM
  • みずほ銀行ATM ← おすすめ
  • 三菱UFJ銀行ATM ← おすすめ
  • 三井住友銀行ATM
  • ゆうちょ銀行ATM ← おすすめ
  • ローソンATM
  • E-net(イーネット)

※E-net(イーネット)はファミリーマートなどに設置されているコンビニATMです

特におすすめなのは「みずほ銀行ATM」と「三菱UFJ銀行」、そして「ゆうちょ銀行」のATMです。

これら2つのATMでは、平日8時45分~18時までは手数料無料で取引ができます。

つまり、イオン銀行から1,000円以下の小銭を下ろしたい時は、みずほ銀行ATMや三菱UFJ銀行で取引すれば、平日日中であれば無料で小銭だけを引き出せます

また、ゆうちょ銀行ATMでも平日日中(8:45~18:00)を始め一部の時間帯でATM手数料が無料となっています。(無料の時間以外は1回あたり100円+税)

ゆうちょ銀行ATMでも硬貨の入金・出金ができるので、少額の取引をしたい場合はおすすめです。

イオン銀行では、ローソンやE-net、三井住友銀行ATMも使えます。しかし、これらのATMは取引時間に関係なくATM手数料がかかってしまいます。(三井住友銀行は出金のみに対応)

このように考えると、小銭だけを出金するのであれば、セブン銀行よりもイオン銀行の方が利便性が高いですね。

イオン銀行の詳細記事についてはこちらをご覧ください。

コンビニATMでは基本的に小銭は下ろせない

コンビニATM

セブン銀行ATMやイオン銀行ATMの他にもコンビニATMはたくさんあります。

しかし、その他のコンビニATMである「E-net」や「ローソンATM」でも同じく、紙幣のみの扱いとなっているようです。

コンビニATMで小銭の取り扱いに対応しているのは、今のところイオンモールなどに設置されている一部のイオン銀行ATMだけとなりそうです。

■E-net ATM(ファミリーマートなどに設置)

硬貨は対応しているの?

硬貨のお取り扱いはしておりません。紙幣のみのお取り扱いとなります。

■ローソンATM

硬貨は対応してますか?

硬貨のお取り扱いはしておりません。

キャッシュレス生活でより楽に

ポイント

唯一、イオン銀行店舗内に設置されているイオン銀行ATMのみが、硬貨の出金に対応していました。しかし、わざわざイオン銀行の店舗に足を運ぶのは労力がかかるので、現実的ではありません。

硬貨の取り扱いに対応していない理由としては、

  • 防犯上の問題
  • 硬貨はスペースをとる(コンビニATMは省スペース設計)
  • 補給作業が大変
  • 取引額が小さすぎて利益が出しにくい

などが考えられると思います。
ほんの少しサイフのお金が足りない、、、という時に備えて電子マネーやデビットカードを有効活用するのはおすすめです。

私もデビットカードを使って支払いをするようになってから、ATMに足を運ぶ回数が劇的に減りました

特に最近は、セブン銀行をはじめポイント還元率の高いデビットカードを提供しているネット銀行が増えています。

セブン銀行のデビット付きキャッシュカードがすごい

セブン銀行デビット付きキャッシュカード

セブン銀行デビット付きキャッシュカードは、銀行キャッシュカードとJCBデビットが一体型となったものです。

発行手数料や年会費は無料で、16歳以上の方なら審査不要で誰でも持つことができます

また、すでにセブン銀行の口座を持っている方でも、デビット機能付きのキャッシュカードに無料切り替えができます。

セブン銀行デビットカードは、全国のJCB加盟店で使えます。主要コンビニやスーパーならどこでも利用できますし、ネット通販や海外旅行でも支払いができる利便性の高いアイテムです。

また、デビットカード支払い分は銀行口座から即時引き落としとなるため、現金を持たなくても、銀行口座から出金せずにそのまま支払えるイメージです

最近は、少額の支払いについては暗証番号やサインは不要となっているケースが増えています。カードを渡すだけですぐに支払いが終わるので、現金で支払いをするよりもスピーディーです。

セブン銀行デビット付きキャッシュカードが優れているもう一つのメリットは、ポイント還元率の高さです。

デビットカードの利用金額に応じてnanacoポイントがもらえるので、現金で支払いをするよりもオトクです。

▶JCB加盟店で使える、どこで使ってもポイントが貯まる

1.5%ポイント還元
セブンイレブン
1.0%ポイント還元
西武そごう、7ネットショッピング、デニーズ、ファミール、ポッポ
0.5%ポイント還元
JCBが使えるその他のすべてのお店

カード支払いに慣れていない人は、少なからずカード払いに対する不安があると思います。

しかし、セブン銀行のJCBデビットカードは、万が一紛失や盗難によって不正利用にあってしまっても、1事故あたり最大500万円までの補償をつけています。

また、使いすぎ防止についても、1日あたりの限度額、1ヶ月あたりの限度額を自分で自由に変更できるので安心です。

もちろん、銀行口座残高の範囲でしか使えないので、クレジットカードのように、後から支払いができないといった心配もありません。

このように、デビットカードは安全性に優れているため16歳以上の方でも審査なしで発行できるのです。

もっとお得なコンビニATMの使い方

ネット銀行住宅ローンの口コミ投稿でAmazonギフト券プレゼント

この記事と関連するページ

ページの先頭へ戻る