ネット銀行で個人向け国債は買える?残念ながら今のところ取扱はなし

パソコン

定期預金よりも金利が高く、安全な資産運用先として「個人向け国債」を検討する方も多いです。

国債は国が発行する債券(借金)で、あらかじめ償還期間が決められています。

償還期間になると投資額がすべて返済される仕組みですが、償還期間の間は毎年、借金の金利として利息がもらえます。この利息は定期預金金利よりも高い事が多いです。

また、お金を貸す相手は国なので、償還期間になってもお金が返済されないということはまず心配ありません。

個人向け国債は1万円から購入可能で、変動10年・固定5年・固定3年などの種類があります。

償還前に途中で解約することもできます。ペナルティによって金利は下がりますが、元本割れの心配はないので安心です。

個人向け国債のネット販売は解禁されています

インターネット販売

個人向け国債は銀行や証券会社の販売窓口で購入できます。

しかし、購入に際してはその金融機関の口座を持っている必要があるので、普段からよく利用している銀行・証券会社で国債の購入ができるかどうか聞いてみましょう。

例えば、国債の購入窓口として一番代表的なのは「ゆうちょ銀行」です。

また、最近では個人向け国債のインターネット販売も行われています。しかしながら、ネットで国債が買えるのは主に証券会社となっており、銀行はごく一部の銀行に限定されています。

証券会社であれば、SBI証券や楽天証券といったネット証券でも気軽に買うことができます。

銀行は、大手では「三井住友銀行」「りそな銀行」は個人向け国債のネット販売を行っていますが、三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行は対応していません。

前述のとおり、国債の購入に際してはあらかじめその金融機関の口座を持っていることが条件となりますので、購入窓口を見つけるのは意外と困難です。

ネット銀行でも国債を購入できるところはなし

疑問

探してみたのですが、今のところネット銀行でも個人向け国債を購入できるところはありませんでした。

そもそも、国債のインターネット販売を扱っている金融機関自体が少ないのですが、これはネット銀行のデメリットの一つと言えるのかもしれません。

初心者はネット証券での国債購入がおすすめ

もし、将来的な資産運用を考えているのであれば、ネット証券の口座を開設して個人向け国債を購入することをおすすめします

前述の通り、証券会社は国債のインターネット販売に積極的なので、

などではすべて取扱があります。
ネット証券の口座開設は無料なので、WEB申し込みですぐに作れます。

上記で取り上げた証券会社はいずれも、投資信託の販売本数も豊富なので、今後の資産運用を考えても活用メリットは大いにあります。

最もおすすめなのは業界大手のSBI証券です。私も口座を持っていて、積極的にSBI証券を活用しています。ネット銀行の住信SBIネット銀行などを運営する、SBIグループの証券会社です。

ちなみに、野村證券や大和証券など大手証券会社での国債購入はおすすめしません。(個人的には)

大手証券会社は、国債購入でキャッシュバックキャンペーンなどを行っており、一見お得そうに見えるのですが大手の証券会社で大量に国債を買ったりすると、営業マンがすぐに飛んできます。

大手証券の営業マンは、手数料の高い投資信託などをすすめてきますので、リスクの高い資産に投資させられたり、投資判断を誤らせる方向へと誘導してくるケースも少なくありません。大手だからといって安心できると考えると、結構痛い目も見ます。

逆に、ネット証券で国債を購入する場合の方が安心です。なぜかというと、ネット証券は対面営業を行わないので、後日電話がかかってきて営業される。というような心配もありません。


国債に関する情報は姉妹サイトで公開中です
みんなの国債 – 1億人の投資術

関連リンク

イオンカードセレクト