Q&A

じぶん銀行で使えるATMを教えてください、ATM手数料が無料って本当?

じぶん銀行の使えるATM

じぶん銀行では、主にコンビニATMを使って入金・出金を行います。

また、三菱UFJ銀行との親和性が高いため、三菱UFJ銀行のATMでも入出金が可能です。

じぶん銀行のキャッシュカードが使えるATMは以下のとおりです。

  • セブン銀行ATM
  • E-net(ファミリーマートなどに設置)
  • ローソンATM
  • 三菱UFJ銀行ATM
  • ゆうちょ銀行ATM

すべての主要なコンビニATMに対応しているので、原則として24時間365日いつでも、お金を引き出せるのがメリットです。

ATM手数料は以下の通りです。

■じぶん銀行 ATM手数料

入金
何回でも完全無料
出金
毎月回まで無料(3回目以降は1回あたり100円+税)

※ゆうちょ銀行を除く(詳しくは後述)

コンビニATMでも毎月2回まで手数料がかかりません。頻繁に出金をする人でなければ、ATM手数料を支払う必要がなく、お得感は大きいです。

しかし、じぶん銀行のATM手数料を完全無料にする方法もあります。

逆に、ATM手数料が高くついてしまうケースもあるので、詳しく解説します。

じぶん銀行ではゆうちょ銀行ATMを使うな

注意

ATM手数料に定評のあるじぶん銀行ですが、ゆうちょ銀行は特別扱いされているため、利用には注意が必要です。

▶入金取引の場合

ゆうちょ銀行ATMを利用
毎月1回無料(2回目以降は1回あたり200円+税のATM手数料がかかる)
その他のATMを利用
金額に関係なく何度でも無料

▶出金取引の場合

ゆうちょ銀行ATMを利用
毎月1回無料(2回目以降は1回あたり200円+税のATM手数料がかかる)
その他のATMを利用
毎月最低でも2回まで無料(3回目以降は1回あたり100円+税のATM手数料がかかる)

このような内容になっている理由は、ゆうちょ銀行ATM利用時に、じぶん銀行がゆうちょ銀行に対して支払わなければならない手数料が割高だからです。

通常、顧客が提携ATMを利用すると、銀行はそのATMを運営している業者に手数料を支払います。

例えば、私たちがローソンATMでじぶん銀行の口座から現金を出金をした場合、じぶん銀行はローソンATMに対して手数料を支払っています。

この時に生じる手数料がゆうちょ銀行の場合、他社よりも高く設定されています。よって、じぶん銀行はゆうちょ銀行ATMの手数料を特別扱いしているのです。

上記の理由から、ゆうちょ銀行ATMで入金・出金取引をする際には注意してください。

じぶん銀行の入金・出金方法

コンビニATM

じぶん銀行のキャッシュカードをATMに挿入し、コンビニATMや提携ATMから入金・出金します。

あとはATMの案内に従って手続きをするだけで、現金の入金・出金は完了します。

注意点としては、じぶん銀行はセキュリティ対策として様々なロックをかけているため、ロックが解除されていないとATM取引が行なえません。

ATM取引ができない場合に考えられるセキュリティは以下の通りです。

ATMロック
じぶん銀行のスマホアプリからロックを解除する
ATM出金限度額設定
ATMの出金限度額を設定していて、出金額が設定額をオーバーしていないか確認

「ATMロック」はかなり面倒なセキュリティですが、ATM取引が終わったらアプリからもう一度ロック状態にしておくことをおすすめします。

じぶん銀行では、不正利用による補償をおこなっており、「ATMロック」が正常に機能していた場合の不正利用の被害に対しては最大300万円までの補償が受けられます。

つまり、ATMロックは面倒でもそれだけ安全性の高いセキュリティだということです。

もし、じぶん銀行のキャッシュカードを使ってATM取引ができない場合は、

  • じぶん銀行の提携ATMで取引しているか?(上記参照)
  • セキュリティのためのロックがかかっていないか?

を確認してみてください。

なお、じぶん銀行はネット銀行ですので、振込をする時はATMではなくPCまたはスマホなどから送金するのがおすすめです。

ATMから硬貨(小銭)を出金するには

じぶん銀行の口座から1,000円以下の硬貨(小銭)を出金したり、入金をしたい場合は、三菱UFJ銀行のATMを使います

提携ATMであるセブン銀行ATMやローソンATMといったコンビニATMはいずれも、硬貨の取り扱いを行っていません。よって、最低でも1,000円以上の入金・出金が必要です。

一方で、三菱UFJ銀行のATMであれば小銭だけの出金や入金に対応しているため、じぶん銀行の口座で小銭の取り扱いをしたい場合は、三菱UFJ銀行のATMから取引を行うようにします。

ATM手数料については、入金なら無料、出金は最低でも毎月2回まで無料となります。

ATM手数料を完全に0円にする方法

じぶんプラス

上記の手数料体系でも、じぶん銀行のATM手数料は大変魅力的だと思います。しかし、じぶん銀行が展開している「じぶんプラス」を活用すると、ATM手数料は実質無料になります。

「じぶんプラス」はじぶん銀行への預金残高や取引内容によって5段階の優遇ステージを設けるサービスです。

最初のステージである「じぶんプラス1」では、ATM手数料は毎月2回無料(ゆうちょ銀行に限り毎月1回まで無料)ですが、最高ステージとなる「じぶんプラス5」になると、毎月11回のATM手数料回数が付与されます。

じぶんプラス2を狙おう

じぶんプラスのステージを高めることで、ATM手数料の無料回数を増やせます。

会員ステージのうち「じぶんプラス2」は最もハードルが低く、簡単な条件で達成できるのでおすすめです。

  • 25歳以下の方は無条件で昇格
  • 25歳以上の方は毎月1回、じぶん銀行のアプリにログインする

上記のいずれかの条件を満たすだけで、「じぶんプラス2」に昇格でき、通常は毎月2回のATM手数料無料回数が毎月3回にアップします。

ただし、ゆうちょ銀行については無料回数の対象外なので、毎月1回のみが無料です。

また、電子マネーのauウォレットカードとの連携で受けられる特典もあります。

コンビニATMが手数料0円で使えるネット銀行はこちらの記事で解説しています。

ATMロックで補償額を300万円に増額

セキュリティ

個人的に評価したいのが、じぶん銀行のセキュリティの高さです。

ネット銀行を使うことに対して不安を感じている人でも、じぶん銀行の強固なセキュリティを活用すれば、安心して利用できると思います。

私が特に注目しているのが、「ATMロック」です。

通常の状態でATMの利用をロックしておき、使えない状態にしておきます。もしキャッシュカードが盗まれてしまっても、ATMが使えない状態なので、お金が引き出される心配はありません。

ATMから出金したい時は、あなたの携帯電話を使ってその場で「ロック解除」をします。あなたが出金する時だけ、携帯を使ってロック解除にします。

じぶん銀行では、ATMロックを利用していたにもかかわらず不正利用の被害にあった場合、最大で年間300万円までの補償も付けています。ATMロックは、それぐらい効果の高いセキュリティ機能です。

ATM手数料を0円にしよう

お得

現在支払っている「ATM手数料」、「振込手数料」はいくらですか?
ATMについては時間外手数料が、振込手数料についてはネット通販を利用した時などに発生してしまいます。2つの手数料を合算すると、毎月結構大きな金額になっていると思います。

ネット銀行を選ぶ上で、「預金金利」を重視される方が多いと思います。しかし、100円、200円の利息を受け取るよりも、ATMや振込にかかる手数料負担を抑えた方が、効率よくお金が貯まります。

また、じぶん銀行は振込手数料を無料にできるというメリットもあります。

下記、他行振込手数料が無料の銀行を紹介した記事で、じぶん銀行も紹介しています。

その他の関連記事

ページの先頭へ戻る