ATM手数料は?サークルKサンクスのATMでキャッシュカードが使えるネット銀行

サークルKサンクス

サークルKサンクスのATM手数料を安くする方法。

コンビニATMの代表格といえば、「セブン銀行ATM」、「ローソンATM」、「E-net」の3つです。

しかし、地味に使う機会が多いのが「サークルKサンクス」に設置されているコンビニATMです。これが実は特殊でサークルKサンクスには「ゼロバンク・バンクタイム」というちょっと変わったATMが設置されています。

「ゼロバンク」が設置されているエリアは愛知県と岐阜県のみなので、多くの場合「バンクタイム」を使うことになると思います。いずれのATMもサークルKサンクスが独自に展開しているコンビニATMとなります。

サークルKサンクスのATMと相性の良い銀行は?

で、サークルKサンクスに設置されている「ゼロバンク・バンクタイム」が実はかなりややこしいことになっていて、地域ごとに利用時間・手数料・使えるキャッシュカードが違います

基本的には、以下の銀行のキャッシュカードに対応しています。(ただしこれも地域ごとに違うので注意が必要)

■地域ごとに異なる
りそな、北海道、北陸、大垣共立、広島、伊予、秋田、青森、四国、福岡、岩手

■都市銀行など
三菱東京UFJ、みずほ、三井住友、シティバンク、ゆうちょ

■MICS提携金融機関
地方銀行、第二地方銀行、信用金庫、信用組合、新生、あおぞら、商工中金、信託銀行、労働金庫、農業協同組合、イオン

ネット銀行とは相性が悪い

ネット銀行といえばコンビニATMで入出金するのが普通です。しかし、上記の表を見てもらえるとわかるように、ほとんどのネット銀行のキャッシュカードは、ゼロバンク・バンクタイムに対応していません

例えば、ジャパンネット銀行や楽天銀行など、すべてサークルKサンクスのATMではキャッシュカードを受け付けないのです。

サークルKサンクスのATMを無料で使うなら

今のところ、ネット銀行系で対応しているのは「イオン銀行」と「新生銀行」の2社だけです。新生銀行はネット専業ではありませんが、以前からネット取引に力を入れている銀行として当サイトでも取り上げています。

イオン銀行

イオン銀行

サークルKサンクスのATMが使える唯一のネット専業銀行がイオン銀行です。年会費無料で持てるクレジット機能付きキャッシュカード「イオンカードセレクト」を発行すると、特別優遇金利が適用され、ネット銀行業界No.1の普通預金金利で預金できるのがメリットです。

しかし、イオン銀行はゼロバンク・バンクタイムとの相性は良いものの、その他のコンビニATMとはあまり相性がよくありません。

また、サークルKサンクスのATMで使った場合もATM手数料がかかります。

イオン銀行で使えるATMは、「イオン銀行ATM(ミニストップなど)」、「みずほ銀行ATM」、「E-net(ファミマ)」、「ローソンATM」となります。

新生銀行

新生銀行

ATM最強銀行として知られているのが新生銀行です。どのATMで入出金しても、手数料が0円で一切かからないのが、新生銀行の最大のメリットです。

新生銀行は、「新生銀行ATM」、「セブン銀行」、「ゆうちょ銀行」、「ローソン」、「E-net(ファミマ)」、「VIEW ALTTE」に加えて、ゼロバンク・バンクタイムが使えます。

また、各種銀行のATMも、入金はできませんが出金は可能です。利用できるATMの数では新生銀行は圧倒的に強みを持つと言って良いと思います。

コンビニATMをお得に利用する方法を書いてます

イオンカードセレクト