ネットバンクの中でイオン銀行ATMに対応しているのはどこですか?

定期預金

イオン銀行ATMを近所でよく見かける方。

最近は、以前に増してイオン銀行ATMの設置数が増えています。以前はイオンモール店内でしか見かけませんでしたが、最近はコンビニや駅構内などにも設置されています。

コンビニのミニストップは現在、イオン銀行ATMへの置き換えが進められています。

しかし、コンビニATMに強いネット銀行の中には、イオン銀行ATMの利用に対応していない銀行も存在します。ATMに対応していないということはつまり、近所にイオン銀行ATMがあっても、その銀行のキャッシュカードが使えないということです。

イオン銀行ATMが使えるネット銀行

今回は、イオン銀行ATMが利用可能なネット銀行をまとめてみました。

ソニー銀行

ソニー銀行

提携ATMが一番多いネット銀行です。

ソニー銀行はとにかく、提携ATMの数が多いので、私も重宝しています。ローソンやセブンイレブン、ファミリーマートでもATMが使えます。もちろん、イオン銀行ATMにも対応済み。

ATM手数料は、出金が月4回まで無料(5回目以降は1回あたり100円+税)となっており、入金については何度でも無料です。

そして、イオン銀行ATMとセブン銀行ATMに関しては、何度でも手数料は完全無料となっています。

もしお近くにセブンイレブンやミニストップなどのイオン銀行設置店舗が多い方であれば、ソニー銀行を利用するメリットは非常に大きいと思います。

イオン銀行

イオン銀行

イオン銀行のキャッシュカードがイオン銀行ATMで使えなかったら話になりません。。。ということで、もちろん使えます。

イオン銀行の場合、イオン銀行ATMは何度使っても手数料0円なのですが、その他のATMを使った場合は、所定の手数料が取られます。ソニー銀行のように毎月の手数料無料回数がないので残念です。

みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行のATMであれば、平日日中は手数料無料で入出金が可能です。

イオン銀行のキャッシュカードは大きく分けて2つあります。

・イオンバンクカード
・イオンカードセレクト

このうち、イオンカードセレクトは「銀行キャッシュカード、クレジットカード、お得意様カード、電子マネーWAON」が1セットになったカードで、現在はこちらのほうが人気です。(イオンもイオンカードセレクトを推奨しています)

クレジット機能が付いていますが、18歳以上の方なら、年会費無料で誰でも持つことが可能です。

イオンカードセレクト会員専用の特典がたくさん用意されており、「定期預金金利の優遇」「普通預金金利の大幅優遇」などがあります。

特に、普通預金金利の優遇特典はとても強力で、この特典を使うと、イオン銀行の普通預金金利は、ネット銀行業界でもNo.1となるほどです。

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行

手数料や金利で大きくリードしてきた住信SBIネット銀行。最近は徐々にその影響を薄めていますが、まだまだ使い勝手としては悪くない人気のネット銀行です。

セブンイレブンやローソンといったコンビニATMの他に、イオン銀行ATMも利用できるようになりました。

以前は、ATM手数料が5回まで無料だったのですが、2016年2月より改定が行われるため、ここでは新プランをご紹介します。

新プランでは、ATM手数料が通常、毎月2回まで無料、3回目から100円+税が必要です。しかし、スマートプログラムというランクに応じて、最大15回までATM手数料無料回数がアップします。

ランクが高ければATM手数料はほとんど気になりませんが、通常ランクでは原則2回しか無料にならないので注意が必要です。

楽天銀行

楽天銀行

多くの人が利用しているネット銀行といえば、楽天銀行でしょう。公営競技やカードローン、そして住宅ローンと取扱商品が多いことでも評判です。

楽天銀行もイオン銀行を始め、数多くのATMに対応しています。その数、全国に9万台以上。

しかし、基本的にATMの入金・出金には手数料がかかります。
入金は3万円以上の場合は手数料無料ですが、3万円以下は手数料が必要です。出金は金額にかかわらず1回目から必要。

楽天銀行では、預かり資産に応じて「ハッピープログラム」というランク制度を実施しています。ランクによって、毎月のATM手数料無料回数が、0回~7回まで設定されます。

通常ランクだと、ATM手数料がかかってしまうのは非常に残念なところ。また、手数料も1回あたり200円+税なので、ソニー銀行と比較するとややデメリットが大きいかなと感じます。

その他のネット銀行は?

その他には、じぶん銀行、ジャパンネット銀行、セブン銀行などがありますが、いずれもイオン銀行ATMには対応していないので、キャッシュカードは使えません。

また、新生銀行もイオン銀行ATMに対応していないのですが、こちらのページをみる限りでは、みずほ銀行ATMとして使えるとのことです。

イオン銀行とみずほ銀行は、ATM分野で提携しています。つまり、新生銀行のキャッシュカードをイオン銀行ATMに挿入した場合、みずほ銀行ATM扱いで銀行取引ができるわけです。

ちなみに、新生銀行はいつどこで何回使ってもATM手数料が完全無料というサービスを実施しています。つまり、仮にみずほ銀行ATMでお金を下ろすことになろうが、すべて手数料無料なので心配する必要はありません。

これからさらに設置台数が増えることが予想されるイオン銀行ATM。個人的にはやはり、ソニー銀行か新生銀行あたりが良い選択肢ではないかと思います。

イオン銀行ATMに関する記事

イオンカードセレクト