楽天銀行フル活用!マネーブリッジのメリット・デメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加

マネーブリッジ

楽天銀行が提供している「マネーブリッジ」というサービスを使うと、普通預金金利を5倍に高めることができます

マネーブリッジの利用によって適用される優遇金利は、ネット銀行の中でも最高峰の高金利で、非常にお得です。

楽天銀行のマネーブリッジは完全無料で利用でき、デメリットは一切ありません

マネーブリッジとは?

マネーブリッジとは、楽天が運営しているネット証券の「楽天証券」との連携サービスです。

マネーブリッジ(無料)に申し込むと、楽天銀行の預金をワンクリックで楽天証券の口座に入金でき、株式や投資信託の購入代金に使うことができます。

そして、株式などの売却によって得た証券口座のお金は、ワンクリックで楽天銀行の口座に戻すことができ、即日出金をすることが可能です。

これらの資金移動の際に必要な手数料はもちろん無料です。
マネーブリッジは、銀行口座と証券口座の資金移動をスムーズに行うことができるサービスです。

楽天銀行と証券の2つの金融サービスを使うことで、「楽天のお得意様」となることで、金利を優遇してくれると考えればわかりやすいと思います。

同様のサービスに、住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金があります。

証券口座は使わなくても大丈夫

マネーブリッジの利用は、楽天証券の口座開設(無料)が必須です。
しかし、楽天証券の口座は開設も維持も手数料などは一切かかりません。

マネーブリッジを使うにあたっての条件もないので、株や投資信託に興味がなければ、証券口座は放置しておいてもOKです。

マネーブリッジの利用手順

楽天証券に証券口座を開設(無料)

②楽天銀行に口座開設(無料)

③楽天銀行より「マネーブリッジ」の利用申込をおこなう。(無料)

リスクなし!元本保証なので安心

マネーブリッジは、一般の普通預金や定期預金と同じく、預金保険制度(ペイオフ)の対象です。
つまり、元本保証で利用できます

株を買う必要もないので、資産が目減りすることもありませんし、楽天銀行や楽天証券がもし倒産してしまった場合でも、ペイオフによって普通預金と同様に、1,000万円までは保証される仕組みです。

マネーブリッジのリスクについて、もう少し詳しい説明は後述します。

メリットとデメリット

楽天マネーブリッジのメリットとデメリットをまとめます。
と言っても、デメリットはありません

ここでは、なぜ金利を5倍にしてまで、楽天がマネーブリッジのサービスを展開するのか、その仕組についても迫ります。

マネーブリッジのメリット

マネーブリッジの一番のメリットは、金利の優遇です。
普通預金が一気に5倍になるというのは、魅力的です。

そしてもう一つは、証券口座との連携。
株価の上昇によって、株式を購入したくなった時に、24時間いつでもワンクリックで、手数料無料で証券口座に資金移動できます。

そして、出金時のメリットも大きいです。
通常、証券口座から出金手続きをする場合は3営業日程度の日数が必要です。
しかし、マネーブリッジを使えば、証券口座から楽天銀行の口座に最短即日で資金移動ができるので、その日のうちに楽天銀行からお金を引き出せます。

マネーブリッジのデメリット

マネーブリッジはペイオフの対象なので、元金は保証されます
あえてデメリットをあげるとすれば、株式の信用取引(お金を借りて取引する)によって不足金が発生した場合、楽天銀行の口座から不足金が充当されることです。

通常の株取引では不足金は発生しません。
しかし、信用取引(お金を借りて取引する)をした場合、株価の急落によっては不足金が発生し、お金を追加で入金しなければならない場合があります。(そのようなケースはほとんどありませんが)

つまり、信用取引によって大きな損を出してしまった場合、追加でお金を入れて楽天に借金を返済しなければならない状況になってしまうということです。

不足金(追加で必要な借金)が発生すると、楽天は私たち顧客から不足金を回収しなければなりません。
しかし、現実には信用取引の大きな損失によって生まれた不足金は回収できないケースが多いのです。

しかし、マネーブリッジを使えば、万が一の時に発生した不足金も、自動的に楽天銀行の口座から補填してくれますし、楽天側の回収リスクも小さくなります。

どちらにしても、株に興味がない人にとっては関係のない話です。
マネーブリッジにはデメリットやリスクはなく、安心して利用できます。

楽天側のメリット

高金利を提供してまで、マネーブリッジのサービスを行う理由は、楽天側にもメリットがあるからです。

楽天側にこれらのメリットがあるからこそ、マネーブリッジは提供されています。
逆に、楽天側のメリットを理解することで、マネーブリッジにリスクがなく、安心して使えるサービスだわかると思います。

楽天銀行カードローン
ソニー銀行カードローン
プレミアムバンク for au
株式会社クートン
楽天証券