【ファミリーマートで見かける】使えるコンビニATMのE-net(イーネット)とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

E-net(イーネット)

ネット銀行の入出金に多様されるのが、「コンビニATM」です。その中でも、E-net(イーネット)は、全国に12,000台以上のATMを設置している最大級のサービスで、株式会社イーネットがATMの運営をしています。

E-netは、コンビニエンスストアだけでなく、スーパーマーケットやホームセンター、サービスエリアなど、様々な場所に設置されています。

E-netが設置されている主要コンビニ

E-netが設置されている主要なコンビニエンスストアです。

ファミリーマート

ファミリーマート

最もE-netを導入しているコンビニは、ファミリーマートです。昔、am/pmだった店舗はゆうちょ銀行ATMを導入している場合もありますが、ファミリーマートに一番導入されているのはE-netです。

「ファミリーマートが近所に多い」という方は、E-netのATMがお得に使えるネット銀行を使うことで、利便性が向上し手数料も安く済むはずです。

※am/pmはファミリーマートに統合されました。

サークルKサンクス

サークルKサンクス

サークルKサンクスでも、E-netが設置されている店舗が多いです。しかし、現状ではサークルKサンクスでは「ゼロバンクATM」を設置するお店が増えてきています。

これまでE-netを導入していた店舗も、徐々にゼロバンクATMに乗り換えています。

ミニストップ

ミニストップ

ミニストップでもE-netが設置されています。しかし、イオン銀行が設立されてから、徐々にE-netのATMを設置しないミニストップが増えてきているのが現状です。

なぜなら、ミニストップはイオン系のコンビニエンスストアなので、代わりにイオン銀行ATMを設置するミニストップが増えてきているのです。

その他

その他にも、スリーエフやポプラ、デイリーヤマザキなど、様々なコンビニで利用可能です。

イーネットが使えないコンビニは?

逆に、セブンイレブンとローソンにはイーネットATMは設置されていません

セブンイレブンには、セブン銀行ATMが、ローソンにはローソンATMが、それぞれ独自のATMを設置しています。

あなたの近所には、どのコンビニが多いですか?
これらの知識を知っておくことで、ネット銀行の選び方も変わってくると思います。

コンビニATM設置台数ランキング

コンビニATMの設置台数シェアは以下の通りです。

ATM名称 設置台数
セブン銀行ATM 22,109台 (2016年2月10日現在)
E-net 13,481台 (2016年1月末現在)
ローソンATM 11,084台 (2016年2月8日現在)

E-netはセブン銀行ATMに次いでシェアが高く、コンビニを中心として全国各地に設置されています。

詳細:最新版!コンビニATMの設置台数ランキング

株式会社イーネットについて

1999年に、コンビニATMのE-netを普及させる目的で設立されました。イーネットの出資企業は68社にのぼります

株式会社イーネットに出資しているのは、各種銀行や保険会社、カード会社、コンビニエンスストア、そして警備会社まで、主要な銀行やコンビニはすべて出資企業に名を連ねています。

つまり、特定の銀行に依存しているATMサービスではなく、中立的な立場で運営されているコンビニATMということです。

コンビニATMの日?

1999年の10月8日に、E-netのATMが初めてコンビニに設置されました。その日を記念して、毎年10月8日は「コンビニATMの日」として制定されています。

日本記念日協会に認定を受けているので、ちょっとした豆知識として知っておくと良いですね。

こちらの記事もおすすめです

楽天銀行カードローン
ソニー銀行カードローン
プレミアムバンク for au
イオンカードセレクト