知ってナルホド!クレジットカードとデビットカードの違いとは?

デビットカードとクレジットカードの比較

デビットカードについて一番多い質問が、「クレジットカードとどう違うの?」というものです。どちらも支払いに使うものなので、両者の違いがよくわからない人も多いと思います。

ここでは、クレジットカードとデビットカードの何が違うのか比較し、まとめました。
2つのカードの違いを一言で言うと、

です。

先払いと後払い

デビットカードとクレジットカードで決定的に違うのは、「即時払いか後払いか?」です。

デビットカードは、レジでお会計をする時に提示し支払いに使うと、使った瞬間にその代金が自動的にあなたの銀行口座から引き落とされます
つまり、「銀行口座からお金を引き出して現金で払う」という行動の、「ATMからお金を引き出す作業」を飛び越して、銀行口座から直接お金を払う仕組みが、デビットカードの特徴です。

銀行口座から即時に支払い代金が引き落とされるので、「利用限度額=銀行口座残高」となっており、使いすぎる心配がありません。

逆に、クレジットカードは後払いの支払い方法です。
商品を買う時にレジでクレジットカードを提示し、支払いを行います。
その代金は「ツケ」として一時的な借金状態となり、約1ヶ月後に請求書が届き、その後まとめて銀行口座から引き落とされる仕組みです。

借金状態と言っても、1回払いなら金利や手数料は一切かからないので、クレジットカードは一般的に利用されています。
また、金利はかかってしまいますが、分割払いが利用できることも、デビットカードにはないクレジットカードのメリットと言えます。

クレジットカードはその時お金がなくても、支払日までにお金を用意できれば良いので、お金がない時に商品を買って、給料日の後に銀行口座からの引落で支払えるメリットがあります。

しかしこれは一歩間違えると、「支払うお金がないのに使いすぎてしまう」状態になる可能性があり、いわゆる「カード破産」を恐れてクレジットカードを使いたくない人が多いのも事実です。

ちなみに、支払いに使われるカードは大きく分けて3つの種類が存在します。

デビットカードには審査がない

「カード破産」の可能性があるクレジットカードに対して、デビットカードは銀行口座にお金がないと使えないので、使いすぎてしまう心配がなく、安心して利用できるメリットがあります。

後払いによって「一時的な借金」状態になるクレジットカードは、18歳以上の人しか作ることができず、またカード発行時に審査が必要となります。

一方、デビットカードは借金ではない「安全なカード払い」が特徴なので、16歳から持つことができ、カード発行時に審査がありません

基本的に、15歳または16歳以上の方なら誰でも持てるのがデビットカードの特徴です。
「15歳の高校生でも持てるカード」と考えると、デビットカードがいかに安全なものであるかがわかります。

発行会社とブランドの違い

クレジットカードには、VISA、MasterCard、JCB、AMEXといった「カードブランド」が存在し、さまざまなカード会社が審査や発行をおこなっています。

一方で、デビットカードは、「J-debit」と「VISAデビット」の2社が主流です。マスターカードもデビットカードを発行していますが、ほとんど普及していません。また、J-debitも普及率はかなり低く、実質的にはVISAデビットの独占状態と言っても間違いではありません。

クレジットカードがカード会社から発行されるのに対し、デビットカードは主に「銀行」が発行しています。デビットカードは銀行口座との結びつきが非常に強いのが特徴です。

例えば、クレジットカードなら「楽天カードの支払いをジャパンネット銀行の口座から引き落とす」といったことが可能ですが、デビットカードの場合は「楽天デビットカードの支払いは楽天銀行の口座でしかできない」というデメリットがあります。

クレジットカードのように、カードの特典ありきで選ぶのではなく、銀行口座とデビットカードの結びつきを考えて選ぶ必要があります。(例えば自分のメインバンクのデビットカードを選ぶなど)

また、日本ではまだデビットカードの利用者は少ないのですが、世界的に見ると、実はクレジットカードよりもデビットカードの普及率の方が高いです。

見分け方

クレジットカードのVISAカードと、VISAデビットは一見同じなので、中々見分けにくいです。どちらにもVISAのロゴマークが入っています。
ただし、ほとんどの場合、VISAデビットには「Debit Card」と記載されています。

一番見分けが付かないのは「J-debit」です。
ゆうちょ銀行のキャッシュカードには「J-debit」のデビット機能が付いている場合がありますが、デビット機能のあり・なしに限らずカードデザインは全く同じなので、WEBや窓口で確認しない限り、わかりません。

逆に言うと、ゆうちょ銀行の場合は同じ一枚のカードで、いつでもデビット機能をON・OFFにすることができるメリットがあります。(ただし、J-debitは普及率が低く、使える場所が限られています)

年会費やポイント還元

デビットカード、クレジットカードともに、年会費が必要なものもあれば、完全無料のカードもあります。デビットカードの年会費は高いもので1,000円程度です。

実際にデビットカード中心の生活をすると、ATMから現金を引き出す回数が極端に減るので、年間のATM手数料を考えると、たとえ年会費を払ったとしても、現金払い中心よりもデビットカードの方がお得になるケースが多いです。

クレジットカードと同じように、デビットカードにも利用金額に応じてポイント還元があります。しかし、クレジットカードのように1%、2%と言った高還元率ではなく、あくまでも「おまけ程度」の微々たるものです。

デビットカードのポイントは、ほとんどの場合「キャッシュバック」によって還元されるので、ポイントを貯めたり、使い道に困ることはないので安心です。

定期支払いとネット利用

デビットカードがクレジットカードに劣る点として、「定期支払い」ができないことがあげられます。
クレジットカードは「信用」を元に支払いを行う仕組みなので、

といった、定期的に発生する支払いにも利用できますが、デビットカードはこのような定期払いには使えません。あくまでも、その時だけ発生する一時費用に対してのみ利用できます。

【追記】
Visaデビットでも定額料金の支払いができるようになりました。
携帯や公共料金も!毎月定額料金でもデビットカードが使えるようになってる

また、ネット通販や有料課金といった「ネット利用」もVISAデビットならクレジットカードと同じように問題なく使えます。しかし、一部のネットサービスでは「クレジットカードはOKだけどデビットカードは使えない」ところもあります。

海外での現金引き出し

クレジットカード、デビットカードともに海外でも利用することができます。
海外で利用した場合も同様に、クレジットカードの場合は後払い、デビットカードの場合はその時の為替レート換算で、支払金額があなたの銀行口座から即時引落されます。

唯一違うのは、「海外での現地通貨の引き出し」です。
外国のATMでは、どちらのカードを使っても現金を引き出すことができます。

この際、クレジットカードは「海外キャッシング」と言われる借金によって現地通貨を引き出します。

一方で、デビットカードの場合はレジでの支払いと同じく、現在の為替レート換算で、すぐにあなたの銀行口座から引き出した現地通貨分の金額が引き落とされます。

しかし、デビットカードでも海外ATMを利用した場合は手数料が発生するので、クレジットカードの海外キャッシングよりも得か?と言われると一概には言えません。

あくまでも、借金による通貨の引き出しか、銀行口座からの引き出しかの違いです。

三菱東京UFJ-VISAデビット